본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ベルリン少女像に撤去命令停止仮処分申請…韓国・ドイツでオンライン請願も

ⓒ 中央日報日本語版

米国に設置された平和の少女像

撤去命令が下されたベルリンの「平和の少女像」を守るための法的対応が行われる展望だ。

11日(現地時間)、ドイツメディアによると、少女像の設置を主管した現地韓国関連市民団体「コリア協議会(Korea Verband)」は12日、ベルリン行政法院に撤去命令執行停止仮処分申請を行う予定だ。

平和の少女像は先月末、ベルリン・ミッテ区の許可を得て設置された。しかし設置直後、日本政府が公式に問題を提起してドイツ政府に少女像撤去を要請し、その後ミッテ区は7日に電撃的に撤去命令を下した。ミッテ区庁は14日までに自主的に撤去しない場合、強制執行に入ると通知した。ミッテ区は碑文の内容が韓国側の立場から日本を狙っていると指摘し、ドイツと日本間の関係に緊張が生まれたと説明した。

碑文には第2次世界大戦当時、旧日本軍がアジア・太平洋全域で女性たちを性奴隷として強制的に連行し、このような戦争犯罪の再発を防ぐためにキャンペーンを行っている生存者の勇気に敬意を表すという説明文面が表示されている。コリア協議会側は碑文の内容に対する提出要請がなく、碑文の内容も問題がないという立場だ。

一方、ドイツ現地では少女像撤去反対請願運動が始まった。請願サイトによると、11日午後2時までに1769人が署名した。韓国でも青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願サイトに撤去反対の請願が集まっている。ベルリン現地市民と海外同胞は13日正午に少女像周辺で撤去命令の撤回を要求する集会を開くことにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기