본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮「旭日旗が大漁旗の象徴?…日本の術策にだまされる国ない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

靖国神社の旭日旗 [中央フォト]

日本外務省が「旭日旗に問題はない」という内容の説明資料を外務省ホームページに掲載していることに対し、北朝鮮が「荒唐無稽な詭弁で世間を笑わせる」と指摘した。

北朝鮮外務省は9日、外務省ホームページに、ミン・ギョンム日本研究所研究員の「世間を笑わせるな」と題した寄稿を掲載し、このように批判した。

この寄稿によると、ミン研究員は「戦犯旗である旭日旗の侵略史を歪曲し、世人を欺まんしている。歴史を否定して真実を歪曲するのは日本特有の体質であり、慢性的な悪習」とし「ナチ旗のような旭日旗を美化しようとする日本の術策のだまされる国はない」と繰り返し批判した。

日本外務省が旭日旗に関する説明資料を出したのは昨年だ。当時、外務省ホームページの旭日旗紹介コーナーに「旭日旗のデザインは、大漁旗や出産、節句の祝い旗、あるいは海上自衛隊の艦船の旗など、日本国内で広く使用されている」という内容が韓国語版、スペイン語版、フランス語版などで紹介された。今年9月にはこうした内容の資料がタイ語にも翻訳されて掲載された。これに対しミン研究員は日本の旭日旗広報を「歪曲と欺まん」として反発した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기