본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米フォーブス誌「柳賢振、ALで最も打ちにくい投手」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「コリアンモンスター」柳賢振(リュ・ヒョンジン、33、トロント・ブルージェイズ)がアメリカンリーグで最も打つのが難しいボールを投げる投手と評価された。

米国経済誌フォーブスは8日(日本時間)、調整コンタクトスコア(Adjusted Contact Scores)を基準にしたアメリカンリーグ投手ランキングを公開した。調整コンタクトスコアとは、打球の角度と速度をリーグ平均と比較した後、三振や四球まで考慮して出した投手評価指標をいう。防御率や勝利が野手の影響を受けるのに対し、投手と打者の対戦結果だけで見るため、投手本人な能力が表れる。

ミルウォーキー・ブリュワーズなどでスカウトを務めた元会計士のコラムニスト、トニー・ブレンジノ氏は「打球の質を計算化すれば、最も攻略するのが難しいボールを投げた投手が分かる。この指標は本当の最高投手を浮き彫りにする」と説明した。リーグ平均が100点で、点数が低いほど順位が高くなるが、柳賢振は70点でアメリカンリーグ投手のうち1位だった。

フォーブスは「柳賢振は昨年83点でナショナルリーグ4位だったが、今季も多くの内野ゴロを打たせ、攻略しにくいボールを投げた。柳賢振が許したライナー性打球の平均速度は90.4マイル(約145キロ)と、アメリカンリーグ投手のうち最も低かった」と説明した。

LAエンゼルスのディラン・バンディが78点で2位になり、3位は前田健太(ミネソタ・ツインズ、81.6点)だった。ランス・リン(テキサス・レンジャーズ、81.8点)、マーティン・ペレス(ボストン・レッドソックス、83点)が後に続いた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기