본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

価格が2倍になるとハンバーガーから消えたトマト=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国では秋夕(チュソク、中秋)連休期間、ロッテリア・マクドナルド・バーガーキングなど有名ファーストフード専門店は一斉に「ハンバーガーの中にトマトがなくて申し訳ありません」と公示した。一部はトマトを入れずにハンバーガーを販売した。

ロッテリアは、トマトが入っていない商品の場合、300ウォン(約27円)値下げした。メニューの名前も「トマトのない韓牛プルコギ」「トマトのないホットクリスピーバーガー」などと表記した。マクドナルドも一部の店舗でトマトが不足し、トマトを除いた製品を注文する場合、飲み物クーポンを提供した。真っ先にトマトのない商品を告知したバーガーキングは、レタスやタマネギ、ピクルスなど他の野菜を既存製品より1.5倍増量する形でトマトの空席を埋めている。

ハンバーガーフランチャイズ業界関係者は「ハンバーガーにトマトを入れることができないのは初めて」と説明した。ハンバーガーからトマトが消えたのは、今年夏襲った過去最長の梅雨と台風の影響でトマトの出荷量が減る一方で価格は急騰したためだ。韓国農水産食品流通公社(aT)によると、先月25日基準トマト10キロの卸売価格は6万2660ウォンで1カ月前の8月25日(2万9780ウォン)に比べて110%上昇した。

トマトを代替できる健康果物・野菜は反射利益を享受している。大手スーパーのemart(イーマート)によると、トマト卸売価格が急騰した先月1~27日の売上を分析した結果、トマトとともにサラダ用に使われるアボカドの販売量が昨年同期比120%増加した。サラダ用として人気があった冷凍ブルーベリーも同期間45%ほど売上が伸びた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기