본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国防疫最前方の医療スタッフ2人に1人「自殺危険」…コロナブルーの医療陣はもっと深刻

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

患者の世話のためになかなか落ち着く時間がない。しばらく休息を取っている医療陣。フリーランサー キム・ソンテ

韓国新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の最前方に立つ医療陣の自殺の危険性とうつ病症状が並んで40%を超えた。国家ラウマセンターの調査の結果だ。

与党「共に民主党」のカン・ソンウ議員が30日に明らかにした資料によると、災難対応スタッフに関する事前アンケート調査で、回答者319人のうち49.5%(158人)が自殺の危険性を示した。うつ病の症状を体験した比率も41.2%(132人)に達した。

外傷後ストレスと不安症状もそれぞれ28.3%(90人)、22.6%(72人)が経験していたことが明らかになった。

国家トラウマセンター関係者は、医療陣に対する専門的心理治療が必要だという意見を出した。

医療陣は30.1%(96人)が過度な心理的負担で「精神的消耗」状態だと回答したが、成就感を感じるという回答も83.7%(267人)にのぼった。成就感を頼りに身体・精神的ストレスを克服しているといえる。

カン氏は「新型コロナ拡大が長期化し、医療陣に成就感だけを頼りに耐えろと言うことはできない」とし「医療陣誰でも申請して相談を受けられるように積極的な支援が必要だ」と明らかにした。

国家トラウマセンターは保健福祉部傘下機関で、災難や事故によって衝撃を受けた患者の心理的安定と社会適応を支援する機関だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기