본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国経済副総理「『韓国、コロナ安全国3位』報道…K防疫の優秀性確認された」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

洪楠基(ホン・ナムギ)経済副総理兼企画財政部長官

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副総理兼企画財政部長官は16日、「フォーブス紙が香港基盤のシンクタンクDKG(Deep Knowledge Group)の研究報告書を引用して『韓国が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)上位100安全国で3位だと報道した」とし「韓国の優れた防疫能力を確認する契機になった」と話した。

洪氏はこの日、フェイスブックで「韓国が新型コロナ上位100安全国で3位に選ばれた」とし、米国経済専門紙フォーブス紙が今月3日に報道したという便りを伝えた。

報告書は世界250カ国を対象に新型コロナに関連した経済、政治、保健・医療の安全性を評価した。防疫効率性、危機対応能力など6つのカテゴリー、30項目の指標、140項目の変数に対してビッグデータ技法を活用し、分析・評価して各国の安全点数を算出した。6月に初めて発表してから、方法論、指標、データなどを補強して9月に報告書を発表した。

DKGの9月「新型コロナ上位100安全国家アップデート」で韓国は当初10位から7ランクアップした3位を記録した。1位はドイツ、2位はニュージーランドだった。

洪氏は「このランキングは新型コロナの単純な感染者数や死亡者数にとどまらず、多様な側面から国別新型コロナ対応能力を数値化したという点でまた別の意味を持つ」とし「韓国は防疫効率性(3位)、ガバナンス(4位)などをはじめ6つの分野で全般的に良い評価を受けた。特に、細部分析で世界でも人口密度が最も高い国の一つであるにもかかわらず防疫成果は高いことが確認されて『K-防疫』の優秀性を確認することができた」と話した。

続いて「コロナへの対応に関連し、防疫と経済回復の間の密接な相関関係を確認した」とし「わが国を含む主な先進国の相当数が新型コロナ対応安全度が優れていると評価された。国際金融機構(IMF)が今年6月に世界経済見通し(WEO)の修正値を発表し、4月比平均1.9%ポイント減と提示したが、今回のランキングと結びつけてみると、新型コロナの安全優秀国が相対的に経済的被害をあまり受けていないことが明らかになった」と分析した。

洪氏はまた「ドイツ、オーストラリアなど感染者が多く致命率が高い国でも十分な対応余力を確保して積極的な経済回復措置がある場合、上位圏に分布している。

特に韓国の場合、8月中旬から2次感染が広がるおそれがあるにもかかわらず、全国民的な防疫努力と補正予算案など民生対策および経済回復努力が反映されて順位が上昇した」とし「政府は新型コロナ制御のための防疫を徹底する一方、民生安定・景気回復対策に基づき防疫と経済を同時に進めていき、さらに安全な国を作っていくことに総力を挙げていく」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기