본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

孫正義400億ドル、半導体過去最大「メガディール」目前

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

孫正義ソフトバンク会長

半導体業界最大の「メガディール」が秒読みに入った。孫正義氏率いるソフトバンクが英国の半導体設計会社ARMホールディングスを米国のグラフィックチップ製造会社エヌビディアに売却することがわかった。

ウォール・ストリート・ジャーナルとフィナンシャル・タイムズは12日、両社の売却交渉がまもなく終えられるだろうと報道した。売却金額は最低400億ドル(約4兆2457億円)で、現金と株式で買収資金を払うことになるだろうとフィナンシャル・タイムズなどは伝えた。今回の取引が成立すれば今年の買収合併で最も大きい規模で、半導体企業としては過去最大を記録することになる。

金額を超え、半導体業界の地形図も変わるかもしれない。エヌビディアは世界最大のグラフィック処理装置(GPU)設計・メーカーだ。11日基準の時価総額は3002億ドルで、半導体部門の伝統強者であるインテルの2095億ドルと比べ1.5倍に達する。

ARMはスマートフォンなどモバイル機器に使われるアプリケーションプロセッサ(AP)を設計する英国企業だ。進入障壁が高い核心基本技術である半導体設計技術を保有している。世界に普及したスマートフォンAPを事実上独占しており、サムスン電子やクアルコム、アップルなど世界的な半導体企業を顧客に持っている。

ARMとひとつ屋根の下に入ればエヌビディアは大型半導体設計・製造企業として影響力を拡大できる。フィナンシャル・タイムズは「最近インテルに追いつき世界最高の価値を持つ半導体メーカーになったエヌビディアが今回の買収合併で半導体産業の中心としての位置付けがさらに強固になるだろう」と報道した。新型コロナウイルス流行の余波でエヌビディアのGPU需要が急増し今年は株価だけで100%以上急騰した。

ARMの買収により高仕様に焦点を合わせたエヌビディアの製品構成にも変化が起きるだろうと同紙は分析した。エヌビディアはPCゲーマーや自動運転車開発者、仮想通貨採掘者など高仕様が必要な顧客にGPUを販売してきた。

ソフトバンクは80億ドルの差益を残すものと市場は予想している。ウォール・ストリート・ジャーナルが「ソフトバンクに大きな勝利になるだろう」と報道した理由だ。だが孫正義会長には物足りなさが大きく残る取引となるかもしれない。ソフトバンクは2016年にARMを320億ドルで買収した。あまりに高額で買収したとの批判に孫会長は「囲碁で例えれば50手先を見て人生最大の賭けをした」と話すほどだった。人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)の結合などを予想した布石だった。

だがソフトバンクの子会社であるビジョンファンドを通じて進めた投資が相次ぎ失敗して資金難に陥ると構造調整の圧力の中で結局ARMの売却に出たのだ。現在ARMの株式の75%をソフトバンクが、25%をビジョンファンドが持っている。

変数は残っている。英国政府と国内の反対世論だ。野党の労働党は「今回の買収は公益に合致しない。英国の雇用が海外に抜け出るだろう」と懸念する。英国政府も「今回の買収が英国の脅威になりかねないと判断されれば関連調査に入るだろう」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기