본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

在ホンジュラス韓国大使館、マヤ文明遺跡に韓国語案内システムを寄贈

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

在ホンジュラス韓国大使館は9日、ホンジュラスのコパンにあるマヤ遺物博物館にタッチスクリーン方式の韓国語案内システムを構築し寄贈した。[写真 在ホンジュラス韓国大使館]

ユネスコ世界文化遺産であるホンジュラスのマヤ文明遺跡に韓国語の案内システムが設置された。

在ホンジュラス韓国大使館はホンジュラス北西部コパンのマヤ遺跡区にあるマヤ遺物博物館にタッチスクリーン方式の韓国語案内システムを構築し9日に寄贈したと明らかにした。

コパン遺跡はメキシコのパレンケ、グアテマラのティカルとともにマヤ3大遺跡に挙げられる所で、年平均12万5000人が訪問する。

今回設置された案内システムは観覧客が韓国語とスペイン語のどちらかを選択すると博物館に関する基本説明とともに観覧順路、順路別観覧ポイントなどを案内する。

博物館を訪れた韓国人観光客がマヤ文明をさらに簡単に理解し博物館を気軽に観覧できるようにすると同時に、スペイン語で案内システムを利用する他の訪問客に韓国製ディスプレー技術も広報できるものと大使館は期待している。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기