본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

SEVENTEEN、日本2ndミニアルバム『24H』出荷量45万枚→『Mステ』出撃

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

SEVENTEEN[写真 Pledis]

グループSEVENTEEN(セブンティーン)が日本で熱い人気を実感した。

SEVENTEENが9日、日本2ndミニアルバム『24H』を発売する。タイトル曲『24H』は「時計の時針と分針のようにそれぞれ違う道を歩んでいてもいつかは運命のように必ずめぐりあう」というメッセージの曲でメンバー13人が時針と分針になって時計を表現する振りつけなどSEVENTEENならではの幻想的ながらも独特のパフォーマンスを披露する。

アルバムには同名のタイトル曲以外にもボーカルチーム「Pinwheel」、パフォーマンスチーム「247」、ヒップホップチーム「Chilli」で構成して初動販売量109万枚を突破することでミリオンセラーのレコードを達成したことに続き、オリコン週間アルバムランキング2週連続1位という記録を残して7thミニアルバム『Heng:garae』の収録曲『Together』まで日本語に翻訳されて収録される。

特に、SEVENTEENは日本2ndミニアルバム『24H』の正式発売前から出荷量45万枚を記録した。現在まで4月リリースした日本2番目のシングル『舞い落ちる花びら(Fallin’ Flower)』55万枚、6月リリースした7thミニアルバム『Heng:garae』134万枚で2020年アルバム総出荷量230万枚を突破した。

日本を代表する歌謡祭であるフジテレビの『FNS歌謡祭』に続き、11日、12日に放送される音楽番組テレビ朝日の『ミュージックステーション(Mステ)』と日本テレビ系列『THE MUSIC DAY』に初めて出演を確定して大きな人気を証明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기