본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国京畿道、「脱日本」技術独立ファンド組成…「危機を機会に」

ⓒ 中央日報日本語版
韓国京畿道(キョンギド)が「脱日本技術独立」を超え、世界を先導する技術強国へと跳躍するため1000億ウォン(約89億円)規模で「京畿技術独立ファンド(仮称)」を組成し、道内の素材・部品・装備分野企業に対する集中投資に出る。

京畿道の李在明(イ・ジェミョン)知事とコーロンインベストメントのアン・サンジュン代表、ポスコ技術投資のシム・ドンウク代表らは24日に京畿道庁で「京畿道素材・部品・装備産業投資活性化に向けた協約」を締結した。

李知事はこの日、「日本に対する韓国の素材・部品・装備分野の依存度が非常に高いために昨年日本から経済制裁を受けた。韓国が技術独立を経て世界的な技術強国へと進んでいけるようこの危機を機会にしなければならない」と話した。

続けて「革新企業やスタートアップ企業が成長するのに最も障害になるのは資金問題。適切な投資先を発掘し力のある企業が成長できるよう助けるのが京畿道がすべきことだが、ファンドでその役割ができるならばこれ以上望むことはない。技術独立ファンドが後に世界制覇ファンドに成長し多くの投資ができれば良いだろう」と述べた。

京畿技術独立ファンドは、対外依存度が高い先端素材・部品・装備を開発する有望中小企業への集中投資を実施し、素材・部品・装備分野の基本技術の国産化と関連産業競争力強化を目標とする事業だ。

ファンド規模は約1000億ウォンで、協約により125億ウォン以上を京畿道内の有望素材・部品・装備関連の中小・ベンチャー企業に重点投資する。現在計画されている運用期間は9年以内だ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기