본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ソウル大廃止論・地方移転論に学生「なぜ私たちを積弊にするのか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ソウル大学校 [中央フォト]

「地方で裕福でない暮らしをして言語・数理・外国語が4等級だったが、独学で就学能力試験の1等級をつかんでソウル大に入学したのに、なぜ私が学閥万能主義とソウル住宅価格上昇の主犯の積弊になるのか」。

26日、ソウル大オンラインコミュニティーに書き込まれたコメントだ。理工系の大学院生というこの学生は「私がなぜ積弊なのか」と悔しさを訴えた。行政首都移転をめぐる論争の中、与党を中心に「ソウル大地方移転」「ソウル大廃止論」が出てくると、ソウル大生の反発が強まっている。

何よりもソウル大が住宅価格上昇の主犯と学閥序列主義の原因に挙げられていることに不満を表している。

ある学生は「お金、権力があって熱心に勉強したのではない。それがないために少しでも良い生活をしたいと思って努力した結果にすぎない」とコメントした。別の学生は「偏狭で近視眼的な政策を票に利用しようとするようだ」とし「大韓民国のために力になりたいと思っていたが、彼らの目には私は未来の積弊だ」と書いた。

ソウル大生の怒りは与党に対する批判に広がっている。一部の学生はソウル大廃止などを提案する国会議員に向けて「本人はソウル大法大を出たのでは」というコメントを残した。「70・80年代の学生は恩恵をすべて受けながら私たちは積弊扱い」「ソウル大は世界初の政権用移動式総合大学になった」という非難もある。

ソウル大のある教授は「ソウル大の地方移転は忘れる頃に出てくる話だが、世宗市(セジョンシ)に移転すればソウル大が世宗大になるのだろうか」とし「ソウル大は法人化したので国の一言で移転できるというものではない」と指摘した。

ソウル大の関係者は「学校レベルでは地方移転に関連していかなる検討もしておらず、検討する計画も全くない」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기