본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】白善ヨプに対する光復会長の奇怪至極な発言、暗澹たる思いだ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
国が落ち着かないからか、社会指導級要人の奇怪至極な発言が列を成している。韓国戦争(朝鮮戦争)の英雄、白善ヨプ(ペク・ソンヨプ)将軍に対する金元雄(キム・ウォヌン)光復会長とノ・ヨンヒ弁護士の誹謗発言は度を越している。最近亡くなった白将軍は、陸軍長として昨日、大田(テジョン)国立顕忠院に安置された。白将軍は1950年、北朝鮮の金日成(キム・イルソン)がソ連や中国など共産勢力と謀議して南侵した韓国戦争で大韓民国を救うために輝かしい功績をあげた。当時第1師団長として慶尚北道多富洞(タブドン)で北朝鮮軍3師団を防御して韓半島(朝鮮半島)の共産化を阻止した。そのとき白将軍がいなかったら、大韓民国は地球上から消えていただろう。白将軍は休戦後、韓米相互防衛条約を引き出すために決定的な役割を果たし貢献した。そのため今の韓米同盟が構築され、在韓米軍の将軍は白将軍を生きた伝説として尊敬した。

それでも光復会長は「(白将軍が)韓国戦争を前後して数多くの民間人を虐殺した」と主張した。金会長は続いて白将軍を「英雄」と呼んだロバート・エイブラムス在韓米軍司令官を本国で召還してほしいという書簡をトランプ米大統領に送った。一体、どうしたらこのような突拍子もないことができるのか。故人は韓国戦争で、ソ連製タンクを前面に出して国軍と数多くの良民を殺害した北朝鮮軍に対応しただけだった。

金会長の主張のように白将軍が戦争時に民間人を虐殺したという記録はどこにもない。独立活動家の子孫団体である光復会は国家報勲処所属で政府の財政支援を受けている。そのような団体の会長が国家有功者を貶めることは国家規律を害しかねず懸念される。また、光復会長が何の資格があって米大統領に在韓米軍司令官を召還しろ、しないについて言えるのか。韓米同盟を壊そうとする行動ではないのかと疑うほどだ。

これだけではない。YTNラジオで時事番組に出演したノ・ヨンヒ弁護士も白将軍をとんでもない言葉で非難した。ノ弁護士は一昨日、某放送に出演して「白善ヨプ、わが民族の北(朝鮮)に銃を撃ち、勝った功労で顕忠院に埋葬されるのか」と話した。故人が戦争中に北朝鮮軍に銃を向けたのが誤りだというふうに糊塗したのだ。

ノ弁護士の言葉通りなら、国軍は南侵した北朝鮮軍に対応するべきではなく、韓半島(朝鮮半島)が共産化されるがままに放って置かなければならなかったということだ。大韓民国の主敵が誰なのかを忘れた一言で、正気ではない発言だ。ノ弁護士が昨日、自身の発言を謝り、YTNラジオの司会から降板したが、このまま終わるようなことではない。ノ弁護士の主張は、大韓民国のアイデンティティと憲法を否定するためだ。それでも法を論じる弁護士として活動してもいいということなのか問いたい。私たちが享受している自由と繁栄のために犠牲になった数多くの護国英霊の前でこの上ない恥を感じるこの頃だ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기