본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【韓国戦争70周年特別寄稿】韓米同盟、共通の価値・利益の土台しっかり固めなくては

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米ワシントンDCの韓国戦争(朝鮮戦争)記念公園は決して知ることもなかった国と、会ったこともない国民を守れとの呼び声に答えた米国の息子・娘をどのように賛えているのかを見せている。70年前、多くの米国人は韓国をよく知らなかったし、地図で見つけることもできなかっただろう。

だが現在の米国人が韓国をよく知っている理由は多い。街や家庭で韓国製品を見かける。韓国映画『パラサイト』がアカデミー賞最優秀映画賞を受賞した。韓国で英語を教える米国人と延べ150万人の韓国戦参戦勇士とは別に、韓国戦争後にも330万人を超える現役将兵が韓国で服務した。

70年間に米国と韓国のきずなはさらに大きく、さらに広く、さらに深く成長してきた。70年前の1950年6月25日、われわれは北朝鮮の侵略者の侵攻にともに対抗した。その戦争は第2次大戦以降の国際秩序に対する最も大きな挑戦だった。

敗北した北朝鮮軍に代わる中国共産軍の介入と激しい攻撃にも米国と韓国、国連軍は勇猛に戦い戦況を逆転した。休戦協定以降われわれは韓米相互防衛条約を締結し、韓半島(朝鮮戦争)の平和を維持し、自由で開放されたインド太平洋に向け努力してきた。われわれは今日も依然として団結している。国内的に社会と経済が発展するにつれ70年間に個人の自由と生活水準の歴史的成長を目撃した。これはわれわれの共通した持続的な価値を立証してくれる。

ソウルと釜山(プサン)の高くそびえるスカイライン、活気にあふれた都市生活と世界的に有名な韓流文化は韓米関係が具現した70年の協力と労苦・友情を象徴する。

韓米両国があらゆる分野で連帯関係を拡大しても血で形成され友情で結ばれた韓米同盟の基盤は依然として残っている。われわれの軍事同盟は世界最高であり、最もしっかり結合し、相互運用性があって、躍動的だ。

世界で最も重武装し緊張した国境で世界4位の軍隊と向き合っているためそうするのは当然だ。国連司令部の包括的な南北軍事合意支持と外交を支援するために合同演習を修正した同盟次元の決定で見るように米国は緊張緩和に向け韓国と協力してきた。

韓米同盟が進化を続けるのに対し、対北朝鮮関係は過去のように凍りついた状態で残っている。米国は北朝鮮のさらに明るい未来を実現するために手を差し伸べた。これは北朝鮮が国際体制に編入され北朝鮮住民を経済的に繁栄させる一世代に一度だけの機会だ。

われわれは北朝鮮が最終的で完全かつ検証された非核化を達成するために、難しいが必要な議論ができるよう交渉に復帰することを促し続ける。

韓米同盟は歳月の試験に勝ってきたし今後もそうするだろう。未来を指向しわれわれが共有した歴史とわれわれをひとつにまとめる共通の価値と利益の確固とした土台をしっかり固めなくてはならない。

韓国は韓半島の平和維持において米国と真に同等なパートナーだ。同等なパートナーは同等な役割だけでなく責任と費用も同等に負わなければならない。事実後者が抜け落ちた前者は特に同盟において相互排他的だ。未来は間違いなく軍事的であれ政治的であれ理念的であれ同盟に新たな挑戦と脅威を提示するだろう。過去にも克服したようにわれわれの同盟が共通の価値と利益に必須で妥当なように継続することに努力しなければならない。

韓国戦争はすべての参戦国に大きな代価を払わせたたが、その費用ほど価値のある犠牲はなかった。両国の参戦勇士は躍動的で民主的な「漢江(ハンガン)の奇跡」を作って支えるのに一助となったという自負心を持っているという話をしたりする。

われわれは大韓民国を過去と現在・未来の最も近い同盟であり友人、変わることのないパートナーと呼ぶことができ感謝する。

※アンソニー・ホルムズ国防総省韓国担当選任補佐官もこのコラムに寄与した。

ハイノ・クリンク米国防総省東アジア防衛副次官補

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기