본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

故ク・ハラさんの兄「妹が残した財産、離婚家庭の子どもを助けたい」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

月刊誌『ウーマンセンス』

月刊誌『ウーマンセンス』が故ク・ハラさんの兄ク・ホインさんのインタビュー記事を公開した。

29日に公開されたインタビュー記事で、ク・ホインさんは「母の不在で苦労して生きた妹の財産であるだけに、実母の代わりに助けが必要な人に使われることを希望する」と法案発議の背景を明らかにした。

韓国アイドルグループKARAの元メンバー、ク・ハラさんの悲報が伝えられてから8カ月。兄のク・ホインさんは子どもに対する養育の義務を怠る場合は財産を相続できないとする、いわゆる「ク・ハラ法」(民法一部改正法律案)の制定に力を注いでいる。

実際、ク・ハラさんの実母はク・ハラさんが9歳、ク・ホインさんが11歳の頃に家を出たが、ク・ハラさんの死後に弁護士を選任して相続権を主張しながら現れた。現行の民法上、ク・ハラさんの実母は養育義務を果たさなかったが、父と半分ずつ財産を分け合う第1順位の相続権者だ。

ク・ホインさんは兄妹の幼年期について「親せきの家で世話になり、周囲の目を気にしながら暮らした。それで私と妹の夢はいつも『自分の家』を持つことだった」と振り返った。

続いて「ハラは他の人の目には『スター』として映るが、私にはただの平凡なかわいそうな妹だった。過去についていろいろと話すと、妹が愛情に飢えていたことを感じて胸が痛むことが多かった」と話した。

普段のク・ハラさんについての質問に、ク・ホインさんは「おいしいものを食べるのが好きで、友達とのおしゃべりを楽しみ、ゲームをすれば一日中ゲームに熱中する本当に平凡な20代」とし「デビュー後の妹の最も大きな望みは『歌をうまく歌うこと』だった。しばらく家にカラオケの機械を置いて歌の練習に没頭していた。人々に認められ、愛されたいという気持ちが強かったようだ」と伝えた。

ク・ホインさんはク・ハラさんの財産が実母に渡らない場合、「まだ具体的に決めたことはないが、妹のように苦しむ人たちに役に立つことが、妹が天国で最も望んでいることだと思う。離婚後に養育費を受けられない人たちの裁判の費用や離婚家庭で苦労して暮らしている子どもたちの助けになればいい。ハラが孤独に苦労しながら作った財産なので、必ず必要とする人たちに使われればいい」と語った。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기