본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<ゴルフ>任成宰、ゴルフ世界ランキング「アジアトップ」…崔京周以来の快挙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
任成宰(イム・ソンジェ、22)が男子ゴルフ世界ランキングでアジア国籍の選手のうち最高順位になった。韓国選手では崔京周(チェ・キョンジュ、50)以来の快挙だ。

15日に発表された男子ゴルフ世界ランキングで、任成宰は前回発表された3月の23位より2つ上昇した21位となった。15日に終わった米プロゴルフ(PGA)ツアーのチャールズ・シュワブチャレンジで10位タイと、シーズン6度目のトップ10入りを果たした任成宰は、松山英樹(日本、23位)を抜いてアジア国籍選手で最高順位に浮上した。

韓国選手が男子ゴルフ世界ランキングでアジア選手最高となったのは崔京周が最初だった。崔京周は2008年にアジア選手で初めて世界トップ10に入り、5位まで上がった。その後、2011年初めに後輩の梁容銀(ヤン・ヨンウン=Y・E・ヤン)、金庚泰(キム・ギョンテ)とアジア選手最高ランキングを分け合ったが、同年5月のザ・プレーヤーズ選手権で優勝し、翌年11月までアジア最高順位を守った。その後は藤田寛之(日本)、トンチャイ・ジェイディ(タイ)を経て、2013年6月から松山英樹が7年間にわたりアジア選手の世界ランキング最高順位を守った。

任成宰の順位はさらに上昇する可能性がある。最近の3大会ですべてトップ10に入り、勢いに乗っているからだ。18日に開幕するRBCヘリテージでも似た結果を出せばトップ20入りも期待される。

世界1位はローリー・マキロイ(北アイルランド)、2位はジョン・ラーム(スペイン)が守った中、世界4位だったジャスティン・トーマス(米国)が3位に上がった。前回のランキングまで3位だったブルックス・ケプカ(米国)は4位に下がった。タイガー・ウッズ(米国)は11位から13位に落ち、、先週終わったチャールズ・シュワブチャレンジで優勝したダニエル・バーガー(米国)は107位から今週は31位に急浮上した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기