본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「ノーベル賞26人輩出」はもう昔の話…日本、若手研究者700人育成へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ノーベル賞メダル

日本が創意的な新進科学者養成のための新しいプロジェクトを稼動し始めた。最近になって米国・欧州・中国に比べて相対的に研究力が遅れを取っているという危機感からだ。

14日、NHKによると、日本政府は科学技術分野の若手研究者700人を選抜し、1人当たり7年間最大5000万円を支給することにした。若手研究者が自由で独走的な発想で長期間研究を続けることができる環境を整えようというものだ。

名付けて「創発的研究支援事業」だ。このため、文部科学省は合計500億円の基金を設立する計画だ。

今月初めから200人を選定する最初の公募を始めたが、公募は今後3年に分けて行われる予定だ。日本国内の研究機関所属で、博士学位を取得してから15年以内の新進学者が対象だ。

選ばれた研究者は年間平均700万円の研究費を原則的に7年間支援される。一度選ばれたら研究費を受け取るための消耗的なことは一切しなくてもよい。長期間、研究だけに没頭できるということだ。

日本は科学関連26人(このうち日本国籍は22人)のノーベル受賞者を輩出してきたほど、長く基礎科学研究強国として君臨してきた。だが、今では米国・欧州はもちろん、中国にも研究実績が及んでいないという不安がある。

特に創意的な人材育成に失敗したという声が多い。このような傾向が人工知能(AI)・5Gなど先端技術開発の競争力を低下させているという指摘だ。日本政府は来年からスタートする5カ年科学技術基本計画の核心課題に「イノベーション創出」を掲げている。今回のプロジェクトもその一環といえる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기