본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

両手でコップを持ち上げ階段で不安定な足取り…トランプ氏、また健康異常説

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ドナルド・トランプ米大統領

ドナルド・トランプ米大統領が米国の陸軍士官学校であるウェストポイント卒業式を訪れたが、不自然な様子を相次ぎ見せることで健康異常説が提起された。

きっかけになったのは土曜日である13日(現地時間)、ウェストポイント卒業式の祝辞のために演壇に上がった時だ。トランプ大統領はあらかじめ準備されていたコップを右手で持ち上げて水を飲もうとしたが、しばらく止まって左手を添えて持ち上げた。見方によっては不自然に映るかもしれない姿だった。

祝辞が終わった後演壇から降りてきたが、もう一度自然に見えない場面が演出された。勾配が急な階段を安定的に降りることができず、ゆっくりと足取りを移すような場面が捉えられたからだ。

直ちにツイッターでは2つの場面をキャプチャーした映像が拡散した。トランプ大統領の誕生日である14日「トランプ氏大丈夫でない」(#TrumpIsNotWell)、「トランプ氏痛い」(#TrumpIsUnwell)のようなハッシュタグがツイッターで数十万回使われ、人気テーマになったと米時事週刊誌ニューズウイークが伝えた。

民主党大統領選候補であるジョー・バイデン前副大統領側の人事も「なぜトランプ氏が階段を降りてくることが難しいのか」として「パーキンソン病があるのか。私たちは答えを聞く必要がある」とツイッターに書き込んだ。

ツイッター利用者はトランプ大統領が過去にも両手を利用して水を飲んだ場面を探して脳卒中やパーキンソン病などを病んでいるのではないかという疑惑も提起した。階段を降りる姿については「ハイヒールを初めて履いた少女のようだ」と嘲弄したりもした。

これを受け、トランプ大統領は滑りやすい階段だったので気を付けていたと釈明した。特に、転倒して「偽ニュース」に興味を与えるわけにはいかないと断固とした反応を見せた。

トランプ大統領はこの日、ツイッターに「ウェストポイントの演説で降りてきた階段は非常に勾配が急だったし、手すりもなかった」として「一番重要なのは滑りやすかったということ。最もやってはならないのは偽ニュースが好む『転倒』すること」だと書いた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기