본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

首都圏が巨大なもぐら叩きゲーム場に…「N次伝播」集団感染が超非常=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

京畿道のある選別診療所に人々が新型肺炎の検査を受けるために待機している。[写真 京畿道]

もぐら叩きゲームのようだ。先月末から首都圏で散発的に発生した新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の小規模集団感染の姿がまさにこのようだ。

開拓教会と訪問販売会社、卓球場、塾などさまざまな場所から出てくる集団感染が一度の発生にとどまらず、叩いても叩いても新しく出てくる様子がもぐら叩きを連想させるからだ。これこそ四方が地雷畑だ。

ソウル冠岳区(クァナクク)の老人対象訪問販売会社「リッチウェイ」関連の感染者が10日午後12時を基準として93人になった。今月2日に最初の感染者が発生して以来、1週間で患者数は100人に肉迫している。

リッチウェイより先にクラスターが発生した首都圏の開拓教会関連の感染者は現在までのところ92人となっている。ソウル陽川区(ヤンチョング)卓球場関連の感染者も54人に達する。

先月の集団感染事例は梨泰院(イテウォン)クラブ(10日午後12時基準277人)とCoupang(クーパン)物流センター(144人)程度だった。

だが、最近に入ってからはその様相が変化している。宗教の小サークル(教会)と同好会(卓球場)、販促イベント(訪問販売会社)など、防疫当局の行政死角地帯で感染者が相次いで発生しながら感染拡大の阻止で困難にぶつかっている。

政府は梨泰院クラブ発のクラスターが発生後、クラブや飲酒店、カラオケ、ハンティングポチャ(居酒屋)、一部体育施設など8カ所を新型コロナ高リスク施設に指定して防疫管理を強化した。その他の中大型教会、学習塾、ネットカフェ、多重利用体育施設、公共機関などは地方自治体次元で集合自粛命令など行政指導を行っている。

だが、50人以下で集まる宗教関連の少サークルや同好会のような集まりは当局の行政力が届かない一種の死角地帯だ。防疫当局はこのような小規模の集まりまで一つひとつ管理するには限界があると抗弁する。

結局、最善の予防策はマスク着用でも距離をおくこと、一緒に食事をすることや接触行為の自制など個別的に防疫規則を守ることしかない。だが、生活防疫への転換以降、社会全般的に防疫規則遵守に対する緩みが散発的な集団感染が続く原因だと専門家は見ている。

防疫死角地帯で発生する小規模集団感染は連鎖感染の出発点にもなっている。感染が数珠つなぎのようになって、別の小規模集団感染に広がっているため防疫当局が緊張している。

鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫本部長は10日の定例記者会見で「最近、人口が密集した首都圏を中心に持続的に集団感染が連鎖的に伝播している」とし「この連結の輪を断ち切ることができなければ大規模流行の可能性も排除することはできない用心深い状況」と懸念を示した。

連鎖感染の可能性に地域社会の緊張も高まっている。

訪問販売会社であるリッチウェイに行った感染者がソウル九老区(クログ)中国同胞教会の移住民憩いの場を訪問した後、憩いの場から8人の感染者が発生すると地域社会は大騒ぎとなった。幸い、憩いの場に住む残りの住民は検査の結果、全員陰性判定を受けた。

だが油断することはできない。リッチウェイに行った感染者の職場で2次感染が相次いでいるからだ。京畿道城南(キョンギド・ソンナム)の訪問販売会社NBSパートナース、SJ投資会社コールセンターなどから感染者が継続して出てきている。

10日午後12時基準、リッチウェイ関連の感染者数のうち、直接訪問者は36人、家族・同僚・知人など接触者は57人だ。

陽川区卓球場は現在3次感染まで続いた状況だ。卓球場に行った人が京畿(キョンギ)龍仁(ヨンイン)大きな木教会を訪問して追加感染者が多数発生したほか、光明(クァンミョン)の老人デイケアセンターなどに広まっている。また、卓球場に行った20代がソウル松坡(ソンパ)大成学院(学習塾)で調理士として勤務していたため、塾受講生らが全数検査を受けた。

現在、陽川区卓球場関連の感染者は28人で、卓球場から始まったクラスターで感染者が出てきた龍仁市大きな木教会関連の感染者は26人となっている。

鄭本部長はこの日の会見で「リッチウェイと卓球場発の伝播が2次、3次感染に広がっている様相」としながら4「追加伝播を封じ込めるには接触者をはやく見つけ出さないといけないが、患者(感染者)を認知する時点が遅れて追加的な集団発病につながっているとみられる」と診断した。

鄭本部長は「新型コロナの潜伏期が4日ほどと短く、患者1人が発生した後、次の患者の発病までの期間も3日ほど」とし「その中から接触者を探して隔離できなければ2次、3次伝播が起きることになる」と明らかにした。

鄭氏は続いて「新型コロナが無症状、軽症の場合が多いだけに、密閉された空間に行って数日後に少しでも疑い症状が現れた場合はすぐに診断検査を受けてほしい」と呼びかけた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기