본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「習近平総書記」と呼んだポンペオ長官、中国圧迫しながら韓国の名を挙げた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ポンペオ米国務長官

米国が中国の軍事力強化を威嚇と規定し、これに対応する同盟とのパートナーシップを強調した。その上で韓国についても言及したが、同盟国を相手に「反中戦線」に参加するよう圧迫する意図とみられる。

ポンペオ米国務長官は31日、フォックスニュースとのインタビューで中国の軍事力増強に関する質問に対し、「中国共産党の軍事的発展と関連、それは現実。習近平総書記(General Secretary)はその軍事的能力を増強することに没頭している」と話した。習近平中国国家主席を直接取り上げただけでなく、習主席を「総書記」と表現したのだ。これまで習主席に対し大統領を意味する「President」という呼称で呼んできたのとは異なる様相だ。

続けてポンペオ長官は「トランプ大統領下で米国の国防総省と軍、国家安全保障機関はわれわれが米国国民を保護でき、インド、オーストラリア、韓国、日本、ブラジル、欧州など世界の米国の同盟と良いパートナーになる状態を維持させるだろうという点を確信する」と話した。

その上で「彼らと良いパートナーになることができ、次の世紀も引き続き米国で享受する自由を手本とすることにした西側(主導)の世紀になるよう保障できる」と説明した。

ポンペオ長官はさらに習主席と中国に向け厳しい言葉を浴びせた。ポンペオ長官は「現在の中国共産党は10年前とは違う」とし、現在の中国共産党が西欧の信念と民主主義、価値を破壊することに没頭していると非難した。また、習主席の長期政権状況にまで言及し、「中国共産党が習総書記が長く統治することを許容するよう規則を改正した時に状況が大きく変わったと考える」と話した。

最近中国が香港国家安全法を強行処理したことと関連してもポンペオ長官は中国が本土と同じ方式で香港に接するなら米国もやはり香港を中国本土と異なって接する根拠はないと話した。

ポンペオ長官が取り上げた韓国、オーストラリア、インドの3カ国は前日にトランプ大統領が中国牽制に向けたG7拡大改編について話しながら言及した国だ。トランプ大統領は先月30日にフロリダ州のケネディ宇宙センターでスペースエックスの打ち上げを見守った後に帰りの大統領専用機で記者らにG7は時代遅れだと批判した後、「われわれはオーストラリアを望み、インドを望み、韓国も望む」と話した。これに対しホワイトハウスのファラー報道官は「伝統的な同盟国が1カ所に集まり中国の未来についてどのように対処するのか議論する場になるだろう」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기