본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本政府、タイなど4カ国から入国緩和…「韓中はまず除外」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓日両国間の相互ノービザ入国が中断した3月9日、仁川国際空港第2ターミナルで日本発旅客機に乗って到着した乗客が検疫と連絡先確認など特別入国手続きを踏んでいる。 キム・ソンリョン記者

日本政府が初めての入国制限緩和対象国としてタイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドなど4カ国を検討中だと伝えられた。読売新聞は複数の日本政府関係者を引用して「日本政府が外国人の入国制限緩和について、タイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドなど4カ国を第1弾とする方向で検討に入った」と31日、報じた。

また、新聞は早期の入国緩和を求めた韓国と中国に対しては「第2弾以降になるとみられる」とし、まずず交渉対象から外されるものと見通した。新聞によると、日本政府は韓国で最近相次ぎ集団感染事例が発生したことを不安視している。

中国の場合、米中葛藤が背景とされる。米国の中国批判が強まっている中で、日本が往来再開を急げば米国の反発を招く可能性があるということだ。

日本がまず緩和を検討している国は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)状況が落ち着きを見せている国で、その間企業家の往来再開を望む声が高まっている所だと新聞は伝えた。

タイを除いた3カ国は日本の主導で作った世界最大自由貿易協定(FAT)環太平洋パートナーシップ協定(TPP-11)加盟国だ。タイは日本の東南アジア市場の架け橋としてかつてから多くの日本企業が進出している国だ。

日本政府が全世界を対象に実施している入国制限措置を6月末まで延長したため、この国々に対する緩和措置は7月以降になるとみられる。日本政府は先に企業家に対する出入国を解除した後、それから留学生などに拡大する方針だ。

入国制限緩和方式では、いわゆる「ファストトラック」と呼ばれる自宅隔離免除が検討されている。出国前にPCR検査で陰性を証明する書面を受け、日本に到着後、再度検査を受けて陰性であれば入国を認める仕組みを想定している。

日本政府はタイなど4カ国の様子を見ながら緩和時期を正式に決めるものとみられると新聞は伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기