본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

100以下なら業況不安示すBSIが49…韓国製造業の急落が止まらない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

京畿道安城にある自動車部品メーカーK社の燃料タンクパイプ生産工場。生産ラインが止まった現場でこの日出勤した従業員が部品清掃作業をしている。キム・ヨンジュ記者

韓国経済の柱である製造業の体感景気がさらに急落した。新型コロナウイルスの感染拡大で内需と輸出がともに振るわない影響だ。新規受注、生産、稼動率など主要指標がすべて悪化した。消費市場が少しずつ回復したおかげで非製造業の体感景気は反騰に成功した。

韓国銀行が27日に「2020年5月の企業景況指数(BSI)」を発表した。これによると5月の製造業業況BSIは49で前月比3ポイント下落した。金融危機の余波が及んだ2009年2月の43以降で最も低い数値だ。BSIは企業の体感景気を示す指標で、100を超えると業況が良いと答えた企業が多く、100より小さければ業況が悪いと答えた企業が多いという意味だ。1月に76だった製造業業況BSIは2月に65、3月に56、4月に52に落ち、5月も下落傾向が続いた。

企業規模別では大企業が2ポイント、中小企業が4ポイント、企業形態別では輸出企業が2ポイント、内需企業が4ポイント、いずれも下落した。細部的には売り上げと採算性、資金繰りすべてで悲観的な回答が大きく増えた。売り上げBSIは48で長期平均値の91の半分水準に落ちた。1月に85だった稼動率BSIも急落が続き54まで下がった。新型コロナウイルスの感染拡大により生産に支障が生じ、新規受注が減って設備を稼動できない状況がそのまま現れた。

業種別では医療物質・医薬品が23ポイント急騰したが、自動車が11ポイント下落、化学物質・製品が10ポイント下落など大幅に下がった、自動車と化粧品の輸出不振が影響を及ぼした。ワクチンや治療剤のような新型コロナウイルスに関する明確な解決策が出てこない限り企業の体感景気鈍化の流れは当分持続するだろうと分析される。

依然として振るわない製造業と違い非製造業は最悪を抜け出した。先月50まで落ち込んだ非製造業業況BSIは6ポイント上昇し56を記録した。輸送倉庫業が14ポイント、情報通信業が9ポイント、卸小売業が7ポイントなど前月より大きく上昇した。韓国銀行関係者は「国内流通物量増加と原油価格下落、システムソフトウェア受注増加などの効果。各種政府支援策により家計消費が増え、サービス業不振が緩和された影響もある」と話す。

企業と消費者の総合的な経済認識を示す経済心理指数(ESI)は前月比2.1ポイント上昇の57.8を記録した。2月から3カ月連続で下落したが反騰に成功した。企業の体感景気が良くないのにESIが上昇したのは消費者心理回復のおかげだ。韓国銀行によると5月の消費者心理指数(CCSI)は前月の70.8より6.8ポイント上昇の77.6を記録した。新型コロナウイルスの感染拡大傾向が鈍化する中で緊急災害支援金など景気浮揚策が肯定的な影響を及ぼした。


関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기