본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、2週間で新型肺炎感染者2.7倍増…当局「疫学調査に追いつかない恐れ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

京畿道のある選別診療所に人々が新型肺炎の検査を受けるために待機している。[写真 京畿道]

一日に発生する新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による新規感染者がここ2週間3倍近く増加したことが分かった。感染経路が分からない感染者の割合も小幅に増えた。ソウル龍山区(ヨンサング)の梨泰院(イテウォン)クラブ感染の輪が続いたからだ。直ちに疫学調査は非常事態になった。

24日、中央災害安全対策本部によると、ここ2週間(5月10日~23日)一日に平均発生した新型肺炎による感染者は23.2人となった。以前の2週間(4月26日~5月9日)の平均8.7人に比べれば著しく増加した。また、感染経路が分からない感染者発生の割合はここ2週間6.8%で、以前(6.6%)に比べて少し上がった。この日、京畿道富川(キョンギド・プチョン)で30代女性が感染したが、感染経路が確認されなかった。この他、新しい集団発生場所も2件増えた。現在5件だ。

ただし、防疫網内管理費率は80%未満で同じだった。この管理費率は新規感染者の中で自宅隔離状態で感染した患者の割合だ。その分地域社会内感染の恐れが高まっていないということだ。

だが、80%未満の管理費率にも梨泰院クラブに関連した地域社会の感染に散発的な感染まで進み疫学調査は非常事態になった。朴凌厚(パク・ヌンフ)第1次長(保健福祉部長官)はこの日、定例記者会見で「梨泰院クラブ事例は多数の施設が関係しており、疫学調査の速度が拡散の推移に追いつかない恐れがある」と話した。

これを受け、中央災害安全対策本部は感染者が行ってきた27カ所の多重利用施設をこの日の報道資料を通じて公開した。移動経路が重なれば早い時間内に診断検査を受けてほしいとの趣旨でだ。朴長官は「症状の有無と関係なく、近い選別診療所を訪れて検査を受けるようお願いする」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기