본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国軍、北朝鮮の顔色うかがいステルス機も公開しなかった?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

F-35A

韓国軍当局が、昨年導入したステルス戦闘機F-35Aの愛称を「フリーダム・ナイト(自由の騎士)」と呼ぶことが明らかになった。昨年12月に非公開で進めたF-35A戦力化行事当時こうした愛称を付けていたのに公開していなかった。軍内外ではこれをめぐり「北朝鮮が敏感になる戦略資産に対し軍当局が顔色をうかがったのではないのか」という話が出ている。

韓国空軍が6日に明らかにしたところによると、新しい戦闘機を導入するたびに愛称を付けてきた慣例が反映され、F-35Aの愛称はフリーダム・ナイトに決まった。軍当局者は「フリーダムは大韓民国の体制である自由民主主義を象徴する。フリーダム・ナイトには自由民主主義を守護するという意味が込められている」と説明した。1970年代に配備され始めたF-5が「フリーダム・ファイター(自由の闘士)」と呼ばれたのと似た脈絡だ。空軍は内部公募を通じてフリーダム・ナイトという愛称をすでに昨年12月のF-35A戦力化行事の時に付けたという。

ところが軍当局はこうした事実を公式に明らかにしなかった。F-15Kが2005年に大規模命名式行事で全勝を意味する鷲である「スラム・イーグル」という愛称を付けられたのとは対照的だ。

「北朝鮮の顔色をうかがっている」という指摘が出る背景だ。空軍は昨年12月17日にF-35A戦力化行事を非公開で行い議論を呼んだ。行事は大統領と国防部長官は出席せずウォン・インチョル空軍参謀総長主管の軍内部行事形式で開かれた。外部からの出席者は防衛事業庁関係者と製造会社であるロッキード・マーチンの関係者ら少数に限定された。事前にF-35Aが公開されており追加で広報する必要性が少ないというのが軍当局の釈明だった。

北朝鮮は2018年3月に米国で開かれたF-35A1号機出庫式の時から韓国のステルス機導入を「反民族的犯罪行為」と規定し、その後はことあるごとにF-35Aを非難してきた。北朝鮮全域を作戦範囲とし戦略目標を一挙に打撃する強大なステルス攻撃力に北朝鮮首脳部がアレルギー反応を見せたのだ。4日にも北朝鮮の宣伝メディア「メアリ」は「(韓国は)米国からステルス戦闘機F-35Aと高高度無人偵察機グローバル・ホークをはじめとする先端軍事装備を導入し続けるかと思えば、少し前には世界的な大流行病(新型コロナウイルス)事態にも物ともせず南朝鮮(韓国)・米国合同空中演習と海兵隊合同上陸訓練まで行った」と非難した。軍内部では北朝鮮がF-35Aを敏感に考える状況が負担となり軍当局がローキー戦略でF-35A関連事案を扱っているという見方が少なくない。

空軍は昨年13機のF-35Aを導入した。今年の13機に続き来年に14機を導入し、2021年までに40機のF-35A確保を完了して戦力化すると計画だ。軍当局は今後F-35Aの追加導入に対し、現時点で公開や広報の計画はないという立場だ。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기