본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「過去の校内暴力論争」韓国有名シェフのフィアンセ、自殺企図で意識不明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国の有名シェフ、イ・ウォンイル氏(41)との結婚を控え、過去の校内暴力が取り沙汰されていたフリーランサーPDのキム・ユジン氏(27)が自殺を図り意識不明だと伝えられた。

キム氏の従兄のLさんは4日、聯合ニュースの電話取材に対して「キム・ユジンは今日午前3時ごろに極端選択を図った後、家族に発見され、救急車に乗せられて大学病院応急室に移送された」とし「現在、意識がない状態」と話した。

Lさんはキム氏が自殺を図る前、非公開SNSに残したという心境文も伝えた。このアカウントはイ氏もフォロワーになっている。

キム氏はこの日、SNSに「悔しく思う気持ちを和らげ、イ・ウォンイルさん、そして私たちの2人の家族に多くの被害が及ばないことを願う」とし「私が全てを抱えていく」と書いた。

キム氏は「私はもうすぐこの世にこれ以上存在しない人になると思う」とし「以前は語り尽くせなかった話をしたいと思う」という意味深長なコメントも残した。

キム氏はこの文章の中で、自身をめぐる過去の暴力論争は事実ではないと反論した。

キム氏はこれに先立ち、暴力疑惑が起こった当時、謝罪文を掲載した。キム氏は「イ・ウォンイルさんが私のせいで被害を受けており、理由を問わず学生時代に私のために傷ついた友人がいた場合もあると考えたので謝罪文を掲載した」と明らかにした。

続いて「被害者だと主張する方が別の人の行動を私にせいにしたとき、該当加害者から連絡がきてこのことから抜けようとするところを見ても友人だと考えてその事実を明らかにしなかった」と主張した。

キム氏は「イ・ウォンイルさんがやったことでもないのに自筆の謝罪文を掲載したとき、私の心は両親や相手のご両親に対する申し訳ない気持ちを押さえ込んだまま一文字ずつ自筆謝罪文を書いた。悔しい気持ちを押さえ込んでいるときは死にたい心情だった」と訴えた。

あわせて「被害者だと主張する友人は、後から知人を通じて引き続き脅迫SMSや電話を寄こしてきた」とし「私が初めから全てを明らかにしても、皆さんは信じられただろうか」と綴った。

キム氏は「イ・ウォンイルさんの周辺から『私』というものは消えるだろうか」としながら「すべての方々に申し訳ない」と言及した。

キム氏は「私は悔しいと思うものすべてを心に抱いて消える」とし「家に座ってキーボード一つで全てを判断するすべての人々に、どうか個人的な考えで判断しないでほしいと言いたい」と付け加えた。

先月21日、あるインターネットコミュニティ掲示板には、キム氏が暴力加害者だと主張するインターネットユーザーのコメントが掲載された。

自身を被害者だと明らかにしたこのインターネットユーザーの掲示物には「2008年16歳のとき、ニュージーランド・オークランドで有名人Aから集団暴行を受けた」とし「主導者のAからは謝罪の一言もなかった。忘れかけていた最近、Aがテレビに出演していたのを見てその時の記憶が蘇ってきた。このトラウマから抜け出すことはできない」という内容が書かれていた。

その後、また別のインターネットユーザーが小学校のときにキム氏から暴行を受けたと主張するなど追加暴露が続いた。

イ・ウォンイル氏とキム・ユジン氏は2018年に放送番組で縁を結んでこれまで交際してきた。先月からMBC(文化放送)の恋愛観察バラエティ『羨ましくなったら負けだ』に出演して結婚準備過程を公開したが、論争が大きくなって自主的に降板した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기