본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WP「金正恩死亡説で北朝鮮も動揺…平壌で買いだめ殺到」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北朝鮮の金正恩国務委員長

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の行方をめぐり、様々な推測が溢れる中、平壌(ピョンヤン)で買いだめが起こっているという報道が出た。26日(現地時間)、米日刊紙ワシントンポスト(WP)のエナ・ファイフィールドWP北京支局長は「平壌の住民がコメ・酒・魚の缶詰から電子製品まで買いだめしている」と伝えた。ファイフィールド記者は、長い間北朝鮮を取材してきた北朝鮮専門記者だ。

ファイフィールド記者によると、平壌では最近の輸入果物や野菜など食料品の買いだめで価格が急騰していたが、洗剤やタバコなどの自国製品でも買いだめ現象が起こっている。ファイフィールド記者は「北朝鮮内のエリートが集住する平壌では、金委員長の死亡の可能性をめぐり口論が起こっている」とし「平壌を行き来するヘリコプターは低空飛行し、北朝鮮と中国の国境外列車の運行も支障をきたしている」と付け加えた。

ファイフィールド記者は「過去にも北朝鮮の指導者の死亡説があったが、今回の噂は状況が違って見える」とし、より具体的な噂が不安心理を刺激していると分析した。ファイフィールド記者は金委員長が15日、金日成(キム・イルソン)主席の誕生日である太陽節に姿を現わさなかったのに続き、「心臓関連の手術を受けた」、「現在、平壌にいない」という噂が出た点を特異な点として挙げた。

一方、別の外信は平壌の住民は普段通りの日常生活を過ごしていると報じた。ロシアのタス通信は26日、平壌特派員による記事で「日曜日の平壌中心部や大同川(テドンガン)沿いには人気バンドの楽しい歌が流れていた」と伝えた。

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の防疫措置により大人数での集まりはなかったが、政治的緊張感は感じられなかった。タス通信はカフェや食堂、商店もいつものように運営され、警察が追加配備されてもいないと付け加えた。

特にこの日、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙の労働新聞が「金委員長が両江道三池淵市(ヤンガンド・サムジヨンシ)の建設労働者に感謝を伝えた」と報じたことが分かった。

北朝鮮当局と官営メディアは、金委員長に関するいかなる反応も見せていない。専門家は金委員長が姿を現すまでは金委員長の状態は全く分からないという立場だ。

ファイフィールド記者は、これまで北朝鮮の指導者の死亡説がフェイクニュースだったと明らかになったことを鑑みると、今回の噂も北朝鮮の公式の立場があるまでは「分からない」と述べた。ロシア社会科学院朝韓半島(朝鮮半島)研究センターのコンスタンティン・アスモロフ首席研究員もタス通信とのインタビューで金委員長関連の報道がいずれも匿名のレポーターを介して出ていると指摘した。アスモロフ研究員は「金委員長は2014年にも1カ月半の間、公の場に姿を現さなかったことがある」とし、金委員長が新型コロナウイルス感染拡大のため自己隔離状態にある可能性もあると述べた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기