본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロイター「金正恩は生きている」…日本の週刊誌「手術後に植物人間状態」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の健康不安説が連日提起される中、日本の週刊誌が「金委員長が心臓ステント手術後に植物人間状態に陥った」と報道した。

週刊現代の近藤大介特別編集委員は24日付の記事で中国の医療関係者から金委員長の状態と関連して詳細な経緯を伝え聞いたとしてこのように主張した。

これによると、金委員長は地方を視察している最中に突然心臓に手を当てて倒れた。同行した医師団があわてて心臓マッサージをしながら金委員長を近くの病院に搬送した。同時に中国に医療団を派遣してほしいと緊急要請した。

これに対し中国はすぐに北京にある中国医学院阜外医院国家心血管病中心と人民解放軍301医院の医師らを中心に50人近い派遣団を組んで装備とともに特別機で平壌(ピョンヤン)に送った。

だが北朝鮮の医師団は中国の医師団が到着するまで待つのは難しいと判断し緊急心臓ステント手術をすることに決めた。執刀医は中国で長年研修を受けた心臓外科医だったという。

しかし執刀医が金委員長ほどの体格の患者を相手にしたことがなく、さらにものすごく緊張したため当初1分以内に終わると予想されたステント手術は8分ほどかかった。

その間に金委員長は植物人間になり、中国の医師団が到着した時には手の施しようがなかったというのが近藤編集委員の主張だ。

近藤編集委員は「にわかには信じがたい話」としながらも、「この中国の医療関係者の証言が事実だとするなら、独裁者の『政治的生命』の最期は、かくもあっけないものだったのだ」と付け加えた。

一方、ロイター通信は同日、中国が金委員長の健康状態助言のため北朝鮮に医師団を派遣したと報道した。ただロイター通信は韓国の消息筋の話として、金委員長がまだ生きており、近く公式の席上に姿を表わすだろうと伝えた。

これに先立ち20日に北朝鮮専門メディアのデイリーNKも金委員長が12日に心血管系の手術を受けたと報道し、21日には米CNNが「金委員長が最近心血管手術を受け深刻な危険に陥ったとの情報がある」と伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기