본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【コラム】コロナでふさがった東京・ソウル、韓国の魅力を知らせたかったが…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

2月に東京で開かれた「勝手に韓国広報課」行事 [写真 成川彩]

大変な1カ月だった。もちろん私だけのことではない。新型コロナウイルス感染症のため多くの人々が日常生活を失った。ところが韓国と日本を行き来しながら生活する私の場合、新型コロナだけでなく日韓間の政治的な対立に巻き込まれた感じだ。

3月5日に日本政府は韓国と中国に対する入国制限措置を発表した。その一つが入国後2週間の隔離措置だ。国籍は関係ないというので私も当然その対象者となった。ただ、3月9日からこの措置が施行されたため、2日前に日本行きチケットを予約していた私はぎりぎり隔離を避けることができると考えた。

夫が東京で勤務している関係で私は毎月、日韓間を行き来している。3月にも確定申告などいくつかの用事もあり、1週間ほど東京で過ごす予定だった。

ところが日本政府が入国制限を発表した翌日の先月6日、韓国政府も対抗措置を発表した。日本人に対するビザ免除中止、すでに発行されたビザ効力の停止。日本政府が韓国人に取った措置をほぼそのまま韓国政府が日本人に適用したのだ。

私はすでに発行されたビザで韓国に滞在している日本人だ。まさか3月9日以降に韓国に滞在すれば不法滞在者になるのではと考えた。ところがその時点に日本に行ってしまえば、韓国に戻ってくることができないのではと不安になった。ニュースを注意深くチェックしたが、「すでに発行されたビザ効力の停止」という言葉を繰り返すだけで、その詳細内容は分からなかった。

3月7日の飛行機は午後の出発便だった。行くべきかやめるべきかを悩んで在韓日本大使館に電話をかけてみた。土曜日だったため緊急電話につながった。疑問点を尋ねたところ「外国人登録証があれば不法滞在者になることはない。再入国の許可を受けて出て行けばビザ期限内には韓国に戻ってくることができる」という言葉を聞いた。それでも心配で日本外務省の職員の友人に個人的に尋ねると「私の解釈では出て行けば再入国は難しいかもしれない。取りあえず韓国にいるのがよい」という助言があった。日本政府はこの措置が3月末まで施行されると発表し、韓国政府は時期に言及しなかったのをみると、日本が撤回するまで続くと予想することができた。このため3月はひとまず韓国に残ることにした。その後、韓国法務部に電話をした結果、外国人登録証がある日本人はビザ期限内には日本に行ってくることができ、再入国許可の手続きは必要ないということが確認された。

日本は木曜日の3月5日に、韓国は金曜日の3月6日に発表し、週末を挟んで9日から制限措置を施行したため、私の周囲の韓国に住む日本人、または日本に住む韓国人は大混乱した。不法滞在者になると考え、急いでチケットを購入して出国した人も少なくなかった。

果たして「既に発行されたビザの効力停止」は防疫に役に立つのだろうか。ひとまず移動を減らすのが防疫のためになるのではないのか。私が納得できないと言うと、韓国の知人らは「それでも安倍晋三首相が先に発表したので仕方がない」という。私もそれ以上は話す言葉がなかった。

これまで日本で新型コロナ感染者数が少なかったのは検査を十分にしていなかったからだ。実際、フィリピンを訪問した後に風邪の症状が続いていた夫に検査を受けるよう進めたが、「病院に行ったが検査はできなと言われた」と言ってそのまま仕事を続けていた。SNSなどでも検査を受けられなかったという事例を何度も目にしながら、オリンピック(五輪)のために検査をせず感染者数を抑えているのではと感じた。予想通り五輪の延期が決定すると、日本では感染者が急激に増えている。今は韓国の方が安全な状況であるようだ。

一方、韓国では3月9日から「マスク5部制」が施行された。平日には購入できず、週末に外国人登録証を持って薬局に並んだ。ところが外国人は健康保険に加入していなければ購入できないという。私は日本で健康保険に加入していて、毎月日本に行くため、韓国で病院に行くことはほとんどない。やむを得ず行くことになれば高い医療費を支払う。マスクも高く支払ってでも購入できるべきはないだろうか。それより外国人がマスクを買えなければ、危険なのは外国人本人だけでなく韓国人でもある。SNSでマスクを買えなかったことを伝えると、数人の友人から「マスクを送る」という連絡があった。政府は冷たくても人は温かいと感じたことは一度や二度でない。私が韓国を離れない理由の一つだ。

ビザの期限の4月末まで韓国に滞在できるとしても、新しいビザを取得できなければ5月以降は滞在できない。準備してきたビザはこの状況で申請しても取得するのは難しそうだった。急いで別のビザを調べてみたが、申請するには日本で準備すべき書類がいくつかあった。結局、4月にも日韓間の入国制限措置が続くというニュースを見て、少しでも早めに動こうと3月28日に日本に戻った。

がらがらの仁川(インチョン)国際空港。SF映画を見るようだった。チケットカウンターで最近2週間に大邱(テグ)や慶尚北道(キョンサンブクド)地域を訪問していないかという質問があり、出国前に体温チェックを受けたこと以外には、普段と異なる点はなかった。自動ゲートを通過して出国した。

成田国際空港に到着して飛行機から降りると、「2週隔離」の説明を聞いた。あらかじめ調べておいた内容の通り、家がある人は家で過ごしてもかまわないが、公共交通を利用してはいけない。紙に家の住所を書いたところ、空港の職員が「どうやって行くのですか」と尋ねた。「夫が車で迎えにきます」と答えれば終わり。夫がレンタカーを借りて迎えに来て、その後、自宅で過ごしていたが、実際、公共交通を利用しても隔離中に外出しても誰も分からない状況だった。チェックするシステムは何もなかった。これも「防疫のふり」なのかと感じた。

日本に行く前から韓国に戻っても2週間の隔離になる可能性が高まっていた。日本で2週、韓国で2週を過ごせば、ビザを申請する時間がなくなる。成田に到着するやいなや、1週間だけ自宅にいて韓国に戻ることは可能なのか尋ねた。これも韓国で日本大使館に質問していたが「おそらく不可能だと思うが、成田に到着してから尋ねてほしい」という返答だった。その程度は把握して知らせるべきではないかと思った。成田で確認してみると「それは関係ない。日本に2週以上いる場合、最初の2週間は待機してほしいということであり、その前に出て行くのはよい」という話を聞いた。

予想していたように韓国でも2週隔離措置が決まった。日本とは比較にならないほど厳格に見えるが、専用バスで家まで送るなど現実的な配慮はあった。新型コロナ事態が発生してから、率直に日本政府よりも韓国政府の方が信頼できるという気がした。

必要な書類をすべて受けてひとまず韓国に戻る考えだが、やはり新しいビザの取得は難しそうだ。申請しても保留状態か、「発行できない」と言われた日本人が多い。韓国の家で待機しながら数カ月間留守にしても問題がないようにしておいて、4月末に日本に戻るしかないようだ。日韓間の入国制限はいつ解除されるか分からない。家賃など頭が痛い問題は一つや二つでない(幸い、ビザは4月10日に自動延長された)。

新型コロナのためにできなくなったことも多いが、その中でも最も残念なのは今年に入って始めたばかりの活動だ。韓国人2人、日本人2人の民間人グループ「勝手に韓国広報課」を結成し、日本で韓国の地方の魅力を伝える行事を始めた。2月に東京と神奈川からスタートし、4年間に47都道府県をすべて回りながら行事を開く計画だ。そして逆に日本の地方の魅力を韓国に伝える準備もしていく考えだ。

2月には新型コロナの影響を心配していたが、参加をキャンセルした人は少なかった。2カ所合わせて約90人が参加した。私たちの活動の費用はクラウドファンディングと参加費で集めるが、参加費は2500円。私たちは昨年秋からミーティングを何度か開き、地方で取材しながらこの行事を準備してきた。

楽しいスタートだったが、日韓間の往来がほとんど不可能になり、4月と6月に開催する予定だった行事も中止にした。今は日本人を除いて韓国から日本には入ることができない。

昨年の輸出規制以降に悪化した日韓関係が今年に入って少し良くなる雰囲気だったが、また新型コロナをきっかけに対立が深まったのは本当に残念だ。今度は私もまともに影響を受けている。両国の政府が両国国民の健康と生活をもう少し冷静に考えてくれればいい。

成川彩/元朝日新聞記者

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기