본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロッテニューヨークパレスホテル、新型コロナの余波で職員の9割を一時解雇

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

米国ニューヨーク・マンハッタンにあるロッテニューヨークパレスホテル。[写真 ロッテホテル]

米国ニューヨーク・マンハッタンにあるロッテニューヨークパレスホテルが新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波で職員の約9割を一時解雇(layoff)した。

ホテル側は31日(現地時間)、新型コロナの拡散により、費用削減のために最小限の勤務人員を除いて80%に達する職員を一時解雇することにしたと明らかにした。

一時解雇は、今後経営事項が改善されれば再雇用を前提とするもので、一時解雇された職員は失業手当の請求が可能だという。

ホテル関係者は「新型コロナ感染への懸念と米国当局の入国制限措置などによって観光客およびビジネス客の需要が急減している」とし「新型コロナによる打撃が米全土に広がっている」と説明した。

1882年にオープンしたロッテニューヨークパレスは130年以上の歴史を誇るニューヨークのランドマークホテルだ。2015年に韓国最大のホテルチェーンであるロッテホテルに買収された後、高い客室稼動率を維持してきた。

また、毎年9月に国連総会が開かれるたびに主要首脳の宿泊先および会談場所としても愛用された。

一方、世界のホテル業界は新型コロナ事態の直撃を受けている。

世界最大ホテルチェーンのマリオットインターナショナルは先月17日、数万人の職員を対象に無給休暇を開始したと明らかにした。

米国ホテル業協会(AHLA)は新型コロナ事態でホテルの需要が下落すると、米国ホテル業界従事者の44%が解雇されるおそれがあると展望した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기