본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

旅客90%減少した仁川空港、非常経営体制に転換

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

26日に仁川空港公社会議室で具本煥社長が非常経営対策会議を主宰している。[写真 仁川国際空港公社]

仁川(インチョン)国際空港公社が公企業で初めて非常経営体制に入る。新型コロナウイルスの感染拡大により利用客が1日1万人水準に急減したためだ。

仁川空港公社は26日に本社で具本煥(ク・ボンファン)社長主宰で非常経営対策会議を開き、非常経営状況室を設置することに決めたと明らかにした。

これを通じ空港運営、防疫、財務、航空需要など分野別の非常状況対応現況を点検し、危機状況への対処に向けた新型肺炎非常経営総合対策を推進していく計画だ。

仁川空港公社が非常経営体制に入るのは新型肺炎のパンデミック宣言以降に仁川空港の旅客需要が前年比90%以上急減するなど空港産業の生態系が深刻な崩壊の危機に直面しているためだ。

仁川空港の1日当たり旅客は1月25日に初めて16.1%減と前年比で減少し始め、2月第4週には51.1%減、3月第3週には91.8%の急減となった。24日には利用客数9316人を記録し、2001年の開港以降初めて1万人未満まで減る過去最低記録となった。この傾向が続けば今年の仁川空港の年間旅客数は前年比70%ほど急減し、損益分岐点を脅かしかねないとの見通しも出ている。

これに伴い、仁川空港公社は需要推移に基づいて段階別に非常空港運営を検討することにした。1日当たり旅客が7000~1万2000人水準の場合には出国場運営縮小やシャトルトレイン減便など1段階非常運営を、3000~7000人水準の場合には第1・第2ターミナルの部分運営など2段階非常運営に入り、旅客が3000人未満の場合にはシャットダウン水準までターミナル機能を最小化する3段階非常運営体制を検討することになる。

旅客急減にともなう当期純利益の大幅減少などが現実化し財務管理にも乗り出す。仁川空港公社は総額9751億ウォンの資金を債券などを通じて調達するという計画だ。合わせて公企業としての社会的責任履行と苦痛分担のため4カ月にわたり経営陣の給与の一部を自主的に返上する。返上規模は社長が30%、経営陣が20%だ。

仁川空港公社は航空需要回復に向け航空業界に対する支援は継続することにした。政府支援対策により免税店など空港産業関連企業などを対象に使用料254億ウォンを減免し、3710億ウォンを納付猶予する。状況がさらに悪化すれば免税店などに対する追加の賃貸料減免も検討する計画だ。

仁川空港公社関係者は「新型肺炎による影響が拡散し、政府政策により仁川空港内の中小・中堅免税店の賃貸料を3カ月間無利子納付猶予する。大企業免税店の賃貸料に対しても関連官庁や業界と協議を続けている」と話した。

仁川国際空港公社の具社長は「現在の危機を早期に克服し、空港産業構成員が共存と共生できる土台を仁川空港公社が先導して作っていくだろう」と話している。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기