본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

IMF「新型コロナの景気低迷、2009年世界金融危機より深刻化する可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
国際通貨基金(IMF)は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のパンデミック(世界的な大流行)の現実化で、景気低迷が避けられないだろうとし、これは2009年世界金融危機よりも深刻なものになるかもしれないと明らかにした。

AFP通信によると、クリスタリナ・ゲオルギエバIMF専務理事はこの日、主要20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁が出席したテレビ会議後に発表した声明でこのように述べた。

ゲオルギエバ氏は「今年の世界経済見通しについては否定的」とし「2009年世界金融危機に次ぐか、それ以上に深刻な景気低迷を強いられるだろう」と明らかにした。

ただし、ゲオルギエバ氏は世界経済が2021年には回復傾向を示すと展望した。

ゲオルギエバ氏は特に新興市場が景気低迷で深刻な打撃を受けるだろうとし、積極的な財政投入と通貨緩和政策が必要だと述べた。

ゲオルギエバ氏は「新型コロナによる経済的影響は大きいが、ウイルス克服が早ければ早いほど景気回復もそれだけ早くなる」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기