본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ベトナム、サムスンディスプレイ技術者186人の入国許可…チャーター機で出国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ベトナム政府が13日、サムスンディスプレイのエンジニアの入国を許可した。新型コロナウイルスの流入を防ぐため韓国発入国者に対してノービザ入国を禁止し、入国者は14日間隔離するという原則にもかかわらず、サムスンディスプレイの職員に対して例外を認めたのだ。

関連業界によると、サムスンディスプレイのエンジニア186人を乗せたアシアナ航空チャーター機はこの日午前、仁川(インチョン)空港を出発し、午後3時(現地時間)にベトナム北部のバンドン空港に到着する予定だ。これに先立ち在ベトナム韓国大使館とサムスン側はサムスンディスプレイのエンジニア約700人の入国を許可してほしいとベトナム政府に要請した。きょう出国した186人のほかのエンジニアも順に入国が許可されるとみられる。

ベトナムのバンドン空港はハノイ空港の代わりにベトナム政府が韓国発飛行機の着陸を指定したところだ。サムスンディスプレイ工場があるベトナム北部のバクニン省は車で3時間ほどの距離にある。

この日入国したサムスンディスプレイのエンジニアは、バクニン省の工場でほかの職員とは分離してディスプレイパネル生産ラインの改造作業に投入される予定だ。サムスンディスプレイは下半期にサムスン電子やアップルにディスプレーを供給する計画という。在ベトナム韓国大使館側は「LGディスプレイの職員の入国についても協議が行われている」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기