본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「加計獣医学部、韓国人学生全員『面接0点』で不合格に」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
安倍晋三首相の30年来の友人が設立に関与したという疑惑を受ける日本の大学の獣医学部が、韓国人受験者を不当に不合格にしたという主張が提起された。

日本週刊誌『週刊文春』は5日発売の最新号で学校法人加計学園傘下の岡山理科大学獣医学部で、韓国人受験者を脱落させるために点数を操作するなど不当な行為があったと報じた。

加計学園の幹部職員によると、加計学園が昨年11月16日に愛媛県の岡山理科大学今治キャンパスで実施した獣医学部A方式推薦入試で、韓国人受験者8人全員が不合格になったという。韓国人受験者全員が面接で「0点」を受けた。

この職員が週刊文春に提供した内部文書によると、受験者のうち出身地が「外国」と表記された8人は面接がすべて0点だった。この8人はすべて韓国人学生だった。不合格の韓国人受験者のうち面接で10点だけでも受けていれば合格する人もいたと、週刊文春は報じた。

加計学園の別の職員は教授が恣意的に学生の点数をつけるために面接を導入したという話が学校内に出ていると伝えた。以前に入学した韓国人学生の学業態度が良くないため、一部の獣医学部教授が韓国人の選抜を避けようとして昨年から面接を新設したという説明だ。

こうした疑惑に対し獣医学部教授陣は韓国人志願者が面接ですべて0点を受けた理由について「日本語でのコミュニケーションが著しく困難だった」と説明した。

しかし疑惑を提起した幹部職員は「日本語で記された科目試験で満点に近い優秀な成績を収めた学生もおり、韓国人受験者全員が日本語に不自由だという説明は不可解極まりない」と述べた。

5日の参議院予算委員会で萩生田光一文部科学相は週刊文春の報道に関し「(大学側に)推薦入試状況や報道内容の事実関係を含めて確認を求めている」と述べた。また「大学入学者選抜については、公正かつ妥当な方法により行うことが求められている。合理的理由なく出身地域居住地域等の属性を理由として、一律の取り扱いの差異を設けることは不適切だ」と話した。萩生田文部科学相は大学側から報告を受ければこれを国会に報告すると伝えた。

加計学園は安倍首相と親しい加計孝太郎氏が理事長を務める教育機関で、2016年に日本政府から獣医学部新設の許可を受けた。獣医学部は日本政府が52年間も新設を許可していなかった学部であるため、安倍政権が首相の友人に便宜を図ったという疑惑が浮上したりもした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기