본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ロシアも「韓国旅行自制」を勧告…「新型肺炎の状況安定化する時まで」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
ロシアが自国民に新型コロナウイルスによる肺炎感染者が急増している韓国などへの旅行自制を勧告した。

ロシアの保健衛生検疫当局である消費者権利保護・福祉監督庁は26日にホームページに上げた公示を通じ、新型肺炎多発国の韓国、イラン、イタリアへの旅行自制を求めた。

当局は「世界保健機関(WHO)の情報によると、イタリア、韓国、イランなどで新型肺炎感染者が急速に増加したことが把握された。これと関連して新型肺炎伝染状況が安定化するまで該当国の訪問を勧告しない」と明らかにした。

続けて「該当国訪問時に新型肺炎に感染する危険があることをWHOが警告している」と紹介した。

これに先立ち同庁は先月24日に新型肺炎発源地である中国への旅行自制を勧告している。

消費者権利保護・福祉監督庁の旅行自制勧告が出ると、該当国の観光商品を購入した旅行客は手数料なく予約をキャンセルできる権利を得られる。

一方、米国と台湾、フランスなども韓国への旅行警報を引き上げ、自国民に韓国への旅行を自制するよう勧告している。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기