본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

日本クルーズ船に閉じ込められた韓国人「毎日感染者が数十人出てきて不安…石けんもなくなり洗濯もできず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナ集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号に隔離された在日同胞60代女性Kさん(右)が夫と共にベランダに掲げた太極旗を持ち上げている。ユン・ソルヨン特派員

新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号に対し、日本政府が高齢者と持病がある乗客を優先的に下船させると13日、明らかにした。80代以上の高齢者が優先対象であり、下船は14日に始まる。13日、船内感染者が44人追加されて合計218人に増えたことに伴う措置だ。だが、クルーズに乗船した韓国人14人(乗客9人、乗員5人)は含まれていないという。韓国人14人を含めた乗客乗員約3600人は、4日から横浜港に停泊中のクルーズ船で10日目を迎えたが、いまだに下船することができずにいる。

このクルーズで夫と共に隔離中の在日同胞64歳の女性Kさん(大阪居住)に対し、中央日報が単独で電話インタビューを行った。Kさんは「洗濯石けんを使い切って洗濯できなくなり、シャンプーとリンスも全部なくなった」と日常を伝えた。Kさんはベランダに太極旗を掲げたりもした。一方、日本で死亡した80代日本人女性が一歩遅れて新型コロナに感染していたことが13日、確認された。日本で新型コロナによる初めての死亡者だ。次は一問一答。

--クルーズ船内の隔離生活はどのような様子か。

「外に出て行けないので退屈だが、私たちはベランダがあるので外に出て体操したりストレッチしたりできるので少し状況は良い。食事はずっと同じご飯なので飽きることは飽きる。昨日(領事館から)送ってくれたキムチを夫と2人で全部食べた。ご飯は食べずにラーメンとキムチを食べた。昨日は2人とも、とてもうれしくて笑った。昨日は一番気分の良い一日だった」

--船内で韓国人に会ったか。

「隔離前は食事するときに見かけることもあったが、隔離後は会えていない」

--数十人の感染者が出ていて不安ではないか。

「毎日のように出てくると不安だ。今日、44人が病院に全員移送されたと放送で見た。幸い、ベランダがあって風に当たっているが、領事館ができれば外に出てないようにというので出ていない」

--船内案内に韓国語放送はあるか。

「英語・日本語、なぜか中国語だけ出てくる」

--清掃状態はどうか。

「自分たちでしている。洗濯石けんを使い切ってしまったので洗濯もできずにいる。代わりに塩でしている。ちょうど領事館にお願いして洗濯石けんを持ってきてもらえないかと言おうか考えているところだ。シャンプーとリンスも全てなくなった」

--検疫する人がきて体温は測っているか。

「していない。幸い、身体の状態に異常がないのでそうなのかもしれない。領事館から他の人々と接触しないように、できるだけ外に出ないようにと言われているので、ベランダとの間だけを行ったり来たりしている」

--下船に関連して何か案内を受けたか。

「年齢が80~90歳の高齢者だけ、それも検査して陰性でないと下船できないとのことだ。80代の方々が約200人いらっしゃる。また、窓のないところにいらっしゃった方々が優先だ。ところでこれらの人たちの下船さえも、すぐに行われるかどうか分からない」

--早く船から出たいだろう。

「早く出たい。夫が私に、もし韓国が韓国人だけ連れていくといえば行けと言ってくれている。中国武漢の場合、韓国国籍を持つ人々はチャーター機で帰国させたじゃないかと言って、検査を受けた後、家に帰れと言っている。まだ領事館などにそのような要請をしてはいない。だが、韓国人だけ連れていくというのならここから出たい」

Kさんは「夫がクルーズ旅行が好きで船によく乗った。ダイヤモンド・プリンセスは2回目だが、このような結果になった」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기