본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WHO「中国、新型肺炎の安定化が進んでいる…それでも『極めて慎重な解釈』を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
世界保健機関(WHO)は12日(現地時間)、中国で新種コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大の安定化が進んでいると発表した。

AFP、新華社通信などによると、テドロス・アダノム・ゲブレイェススWHO事務局長はこの日夜、スイス・ジュネーブWHO本部で開かれた記者会見を通じてこのように明らかにし、それでも極めて慎重に解釈しながら対処する必要があると強調した。

テドロス事務局長は「新型肺炎の感染拡散がまだ増減の両方に展開される可能性がある」と説明した。

WHO公衆保険非常事態プログラムの責任者であるマイク・ライアン事務官は「新型肺炎の震源地である中国湖南省以外の地域では感染の度合いが強くなく、加速の兆しも見えない良い兆候を見せている」と評価した。

一方、中国国家衛生健康委員会も12日「依然として状況が深刻だが、一連の対策を通じて全体的に見れば肯定的な変化が見られている」と明らかにしたことがある。

米鋒・国家衛生健康委報道官は追加感染者が最も多かった4日の3887人を頂点に減少傾向に転じ、特に湖北省以外の新しい感染者は8日間連続で減少することで11日377人で最も少なかったと伝えた。

米鋒報道官は完治者数も比較的に速い速度で増え、治癒率が最低だった1月27日1.3%から2月11日には10.6%に高まったと付け加えた。

ただし、中国病気予防統制センター所属の曽光氏は新型肺炎が今後約1億6000万人が故郷から都市に移動することを考えると、再度感染者が増加する可能性が大きいと警告した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기