본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

正恩氏に対するに興味を失ったトランプ氏…文大統領「南北構想」失速

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
米国のドナルド・トランプ大統領が自身の最高位外交政策参謀に「今年11月の米国大統領選挙前までは金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長と米朝首脳会談をしないでほしい」と話したと、CNNが10日(現地時間)報じた。北朝鮮が内心期待してきた米朝首脳会談を通した交渉はないということだ。CNNはトランプ大統領が昨年10月にスウェーデン・ストックホルムで開かれた米朝実務交渉が物別れに終わったことに関連し、昨年末に挫折感を表わしたと伝えた。北朝鮮交渉に精通したトランプ政府の当局者は米朝交渉を「死んだ(dead)」とも明らかにした。この当局者は、米国政府が北朝鮮旅行のための「特別条件許可証」発行も完全に中断したとも付け加えた。

一時、金委員長と「恋に落ちた」とまで話したトランプ大統領の北朝鮮に対する関心が冷めた理由は、会ったところで大統領選挙に何の役にも立たないと判断したからだとみられている。韓米軍事同盟の解体ともいえるような北朝鮮側の要求を飲める状況ではないうえ、このような北朝鮮と見返り綱引きをしてみたところで米国内有権者の投票者の心に肯定的な影響を与えることは難しいためだ。世宗(セジョン)研究所のウ・ジョンヨプ米国研究センター長は「昨年の板門店(パンムンジョム)南・北・米首脳会談とストックホルム米朝実務交渉以降、米国の北朝鮮政策パートでは金正恩は非核化意思がなさそうだと考え始めた」とし「トランプ氏の立場ではいかなる結果も保証されていない状況で金正恩に会うのは政治的に役立たない以上、当然関心は遠ざかるほかはない」と話した。一部では「北朝鮮から譲歩を勝ち取るためのトランプの戦略」という見方もある。

にもかかわらず、トランプ大統領も金委員長も、米朝交渉に対して「関心ない」という態度を示しながら、今年文在寅(ムン・ジェイン)大統領が明らかにした独自の南北協力推進構想にも支障が出るのは不可避となった。

北朝鮮個別観光と南北鉄道・道路の連結、境界地域での協力などの事業を推進させることになれば米国の協力が必要だが、北朝鮮制裁緩和に意欲がない米国が政府政策を積極的に支援するかは不透明だ。これに関連し、訪韓中のアレックス・ウォン米国務省北朝鮮政策特別副代表は11日、崔領ジュン(チェ・ヨンジュン)統一部政策室長と会談した。

統一部はこの席で、北朝鮮政策に対する協調を求めたものとみられる。だが、統一部が提出した崔室長とウォン副代表間も会談結果の資料には「米側はシンガポール合意履行に対する意志を表明して外交的解決法を強調した」と記されていた。南北協力事業に対する韓米の異見が相変わらず存在していることを示唆した。

一部ではトランプ大統領の関心を引くために北朝鮮の対米挑発時計が前倒しになる可能性があるとの見方もある。

国家安保戦略研究院のイ・ギドン首席研究委員は「トランプ大統領の発言は、北朝鮮が再選街道の変数にならないという判断が根底にある」としながら「もしそうなら北朝鮮はトランプ再選街道にどんな手を使ってでも影響を及ぼそうとするだろう」と見通した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기