본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国だけ防いで穴が開けられた「第3国感染」…日本など5大危険国から入国35%急増=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
新型コロナウイルス(新型肺炎)感染者の発生上位2~7位に当たる国から韓国に入国した外国人が発病初期より最近さらに増えたことが確認された。中国でない第3国で新型コロナウイルス感染症にかかり、韓国で感染が確認された患者が発生している状況で、「第3国感染」に対する懸念の声があがっている。専門家らは「中国湖北省を経た外国人のように直ちに入国を禁止するのは現実的に難しいため、第3国との緊密な協力を通じて出国の時最大限把握しなければならない」と指摘した。

6日法務省によると、5日中国を除いた新型肺炎患者数の上位5カ国である日本・シンガポール・タイ・香港・オーストラリアから韓国に入国した外国人総数は1万6423人だった。これは新型肺炎の韓国初の感染者が確認された先月20日(1万2160人)より35%増えた数値だ。6日を基準として新型肺炎の感染者が最も多い国は中国で2万8018人(死亡者563人)だ。続いて日本が45人、シンガポール28人、タイ25人、韓国23人、香港21人、オーストラリア14人の順だ。

この期間中(1月20日~2月5日)日本から韓国に入ってきた外国人は11万8668人と集計された。先月20日7643人が入国したが、5日には1万2354人が日本から韓国に入ってきた。17日間日本の後に続いて香港から5万5479人の外国人が入国し、タイ(2万7161人)、シンガポール(1万1892人)、オーストラリア(2106人)の順で入国外国人が多かった。

該当国から内外国人が韓国に大勢流入している状況が懸念される理由は韓国に感染者23人の中で「第3国」で感染した人が7人にもなるためだ。日本で感染者に接触した12人目の患者(中国人)は金浦(キンポ)空港に先月19日入国して1日になって感染判定を受けた。12人目の患者の妻も14人目の感染者(中国人)と判定され、12人目の患者が韓国で接触した人だけで666人と推定される。

16人目の感染者はタイから務安(ムアン)空港に先月19日入国した後、4日感染が確認された。娘(18人目の感染者)と兄(22人目の感染者)にも感染した。16人目の感染者が最初来院した光州(クァンジュ)の21世紀病院は隔離された。先月24日シンガポールでそれぞれ入国した17人目の感染者と19人目の感染者もウイルスに感染したことが分かった。

韓国政府は現在、中国湖北省を経た外国人に限って入国を禁止している。これを中国全域に拡大する案も検討中だが、世界保健機関(WHO)の勧告などを考えるとまだ負担になる雰囲気だ。専門家らはこのような状況で「第3国」入国禁止まで施行するのは現実的に無理だと口をそろえる。代わりに国家間緊密な情報共有で「ピンセット」の遮断に出なければならないと助言した。

法務部出入国管理部署で31年間勤めた韓国移民財団のキム・トギュン理事長は「12人目の感染者の場合、日本で感染者と接触したという情報を有していたが、中国人という理由で中国だけに情報を提供して韓国は事前に入国を防ぐことができなかった」として「まだ中国湖北省のように地域社会への感染が起きない国まで入国を禁止するのは非現実的なので、国家間緊密な協力を通じて感染が疑われる搭乗者を事前に防ぐのが最善」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기