본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【現場から】チャーター便もマスク支援も日本より一歩遅れた韓国政府

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国政府は新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)の発源地である中国武漢に孤立した韓国人700人余りの帰国を支援するため、30~31日にチャーター機4便を投じるが、このときに武漢に向かうチャーター便を通じて官民合同でマスク200万枚などを用意して中国側に伝達する計画を28日、明らかにした。政府措置は日本と比べてどれも一歩ずつ遅れた。また、武漢肺炎拡散初期に政府が安易に対応して、先制対応に失敗したという指摘も出ている。

日本は政府と民間が足早に動いた。茂木敏充外相は26日、中国の王毅国務委員兼外交部長に電話をかけて慰労を伝える一方、対策を協議した。中国との緊密な接触を通じて、日本は28日夜にチャーター便を派遣し、武漢居住の日本人約200人を1次帰国させる。日本政府は中国政府と協議し、帰国を希望する武漢居住の日本人を今後も移送する方針だ。

民間では、26日に100万枚の防疫マスクを中国に向けて空輸した。中国ポータルサイト「百度」では「日本、マスクありがとう」などのメッセージを検索することができる。迅速に支援に乗り出した日本に対して、中国ネットユーザーは「支援が必要なところにそれに合った支援を適時に送る」という意味の「雪中送炭」という表現を使った。

韓国ではマスク伝達などの寄付活動に民間が先に動いた。中国留学韓国総校友会と中国経営研究所・大熊(テウン)製薬などが中国にマスクなどを支援しようという動きを示すと、これに政府が28日、参加した。これに先立ち、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の掲示板にも武漢にマスクを寄付しようという請願が投稿された。

中国では「真の友は患難を共に克服した人」という認識が強い。最近、武漢肺炎事態で素早く支援に動いた日本に対して「過去に過ちを犯した日本だが、今、日本は中国の友だ。それも最も重要な友」という評価が出ている。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がソル(旧正月)連休序盤の26日に発表した「過度な不安を持たないようにお願いしたい」という国民向けのメッセージも安易だったという批判を受けている。文大統領は事態が悪化すると、翌日武漢地域に入ったことのある人々に対する全数調査を指示し、28日には「やりすぎだという評価が出るほど強力な対応策が実施されなければならない」と話した。伝染病が拡散危機にあるときは最初からやりすぎだという評価が出てくるほど、果敢な先制対応を行うのが正しいという疫学専門家の警告を韓国政府は深く心に刻んでもらいたい。

ソ・ユジン記者

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기