본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

世界最大の署名サイト、「東京五輪での旭日旗」反対署名が5万人突破

ⓒ 中央日報日本語版

旭日旗

世界最大の署名サイト「Change.org」(www.change.org)で行われているキャンペーン「2020年日本東京オリンピック(五輪)旭日旗応援反対」への賛同者が4カ月で5万人を超えた。

21日現在、同サイトの「地球村の平和の祭典である2020年東京五輪で、軍国主義の象徴である旭日旗の応援を禁じてください」というタイトルのキャンペーンに署名した人は5万70人であることが分かった。

このキャンペーンは2019年9月24日、韓国のサイバー外交使節団VANK(バンク)がアップロードした。キャンペーンには五輪憲章第50条2項を引用して「オリンピックの用地、競技会場、またはその他の区域では、いかなる種類のデモンストレーションも、あるいは政治的、宗教的、人種的プロパガンダも許可されない」と指摘した。

続いて、1936年ベルリン五輪を例にあげて「ドイツ・ナチスがベルリン五輪で軍国主義の象徴である『ハーケンクロイツ』を利用してオリンピックを軍国主義の宣伝の場にした」とし、旭日旗の意味をハーケンクロイツにたとえた。

VANKはこれら5万人の署名などをIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ委員長と同事務局に電子メールで送った。VANKはこのメールで「サイトに署名した世界各地の5万人は、戦犯旗である旭日旗が平和と国際親善の祭典であるオリンピックに使われることに深刻な問題意識を感じている」とし「旭日旗は第2次世界大戦の苦痛を思い出させるドイツ・ナチスのハーケンクロイツのように、アジア人に大きな痛みを想起させる政治的象徴物」と主張した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기