본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスンIM部門社長「ファーウェイがコピーすればさらに前進すればよい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

サムスン電子IM部門の高東真(コ・ドンジン)社長 [写真 サムスン電子]

サムスンスマートフォンの業績の責任者、高東真(コ・ドンジン)IM部門長(社長)が最近、ギャラクシー利用者と会った席で、中国ファーウェイ(華為技術)との競争に自信を表した。先月29日にサムスン電子京畿道水原(スウォン)本社で開催されたファンミーティング「サムスン・ウィズイン(Samsung Within)」でだ。10代の中学・高校生とサムスンへの就職を希望する大学生など計32人が参加した。

この日、「ギャラクシーのワンUI(ユーザーインターフェース) 2.0ベータも最近ファーウェイが真似ているが、会社レベルでどう対応するのか知りたい」という参加者の質問に対し、高社長は次のように答えた。

「我々は対応することもできるが、そうしない。コピーをするということ自体がむしろサムスンの価値を認めることであり、顧客は誰が本物であるかを知っている。コピーをすればサムスンはさらに前に進めばよい」。

最近サムスンがベータテスト中のワンUI2.0は片手で操作しやすいという評価を受けている。親指の位置を考慮してアプリケーション実行画面を変えた。例えばカメラアプリを開くと以前はメニューがディスプレーの上段にあったが、ワンォUIは画面の下側に配置されている。

アップルに関する質問をした参加者もいた。これに対し高社長は「私は朝食を食べられない時でも朝は必ずリンゴを食べて出る」と冗談を言ったという。iPhoneの新しい機能については「ほとんどサムスンが1年半ほど先に出すだろう」と答えた。無線事業部内部でもアップルは「ラブリーオポネント」(lovely opponent、愛しい競争相手)と呼ばれている。

例えばアップルが9月にiOS 13を公開して「ダークモード」を出したが、サムスン電子は1年前にサンフランシスコで開催した「サムスン開発者大会」(SDC 2018)でこれと似た夜間モードを公開した。

この日、サムスンデジタルシティを訪問したギャラクシーの利用者はフォルダブル(折りたたみ式)スマホ「ギャラクシーフォールド」の開発者とのミーティングもした。サムスン電子の開発陣6人は「ギャラクシーフォールドは新しいラインナップであり、発売周期について悩んでいる」と話した。

特に開発者らは「フォールドにSペンも準備中」と明らかにした。ギャラクシーノートのアイデンティティーのSペンを同じ大画面スマホのギャラクシーフォールドにも装着するということだ。

開発者の1人は米ITメディアCNETが10月に行ったギャラクシーフォールド折りたたみテストをリアルタイムで見ていたという。CNETはフォルダブルフォンのスクリーンを連続して開閉する耐久性テストを施行し、ギャラクシーフォールドは約12万回に耐えた。この開発者は「20万回という目標に達しなかったが、テストの無理な方式とテスト機械が先に故障したという点を見て『フォールドが機械に勝った』という反応があり、うれしかった」と語った。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기