본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米仮想通貨専門家、北朝鮮訪問し「制裁回避」講演した容疑で逮捕

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

米国の仮想通貨専門家バージル・グリフィス容疑者が北朝鮮で仮想通貨による制裁回避情報を提供した容疑で28日に米国で逮捕された。[ツイッター キャプチャー]

米国の仮想通貨専門家が北朝鮮の平壌(ピョンヤン)を訪問し、仮想通貨で国際社会制裁を逃れられるという情報を提供した容疑で逮捕された。

AFP通信などが先月29日に伝えたところによると、米法務省は28日にブロックチェーン・仮想通貨開発プラットフォームのイーサリアム財団に所属するバージル・グリフィス容疑者を国際緊急経済権限法(IEEPA)違反容疑で米ロサンゼルスの空港で逮捕した。IEEPA違反容疑が適用されればグリフィスは最大20年の懲役刑を受ける可能性がある。

グリフィス容疑者は4月に米国政府の承認を受けずに平壌を訪問し、ブロックチェーンと仮想通貨と関連した会議で「ブロックチェーンと平和」というテーマで講演した。彼はこの講義で仮想通貨を利用した制裁回避とマネーロンダリング技術に関する情報を提供したという。

また、グリフィス容疑者は対北朝鮮制裁違反に属する「北朝鮮と韓国の仮想通貨交換」を促進するための計画もまとめた。この行事には北朝鮮政府関係者を含め100人ほどが参加したという。

米連邦捜査局(FBI)副局長は「北朝鮮が核兵器製造のための資金と技術、情報を得た結果が世界を危険に陥れるため、だれも対北朝鮮制裁を回避するように許容することはできない。米国市民がわれわれの敵を助けることを選択したというのはさらに話にならない」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기