본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【噴水台】規制差益取引と「韓国脱出」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
「キムチプレミアム」は仮想通貨が外国市場より韓国市場で高く取引されることを意味する。仮想通貨ブームが押し寄せた昨年1月にはキムチプレミアムが40~60%に急騰した。すると相対的に値段が安い海外取引所で仮想通貨を買って韓国で高く売る取引が盛んに行われた。価格差による利益を狙った差益取引(アービトレージ)だ。

また別の形態の差益取引の温床がある。租税回避地(タックスヘイブン)だ。法人や個人の所得に税金を課さなかったり低い税率を適用する国や地域で、ルクセンブルクやケイマン諸島、バミューダなどが代表的だ。これら租税回避地は国による法制度の違いを攻略する。いわゆる「規制差益取引」だ。

規制差益取引はある取引が特定国で禁止された望まない方式の規制と課税が適用される場合にその国を避け他の国へ行くことを意味する。規制にさらに有益な取引や国を選択して規制制約を回避しようとすることを意味する。

最近韓国の企業と資産家が規制差益取引に出たような様相だ。資産家対象の海外投資と移民説明会は大人気だ。「贈与・相続税回避地」を求めて韓国を離れようとするものだ。企業の動きも懸念される。輸出入銀行によると韓国企業の海外投資規模は2014年の359億ドルから昨年は592億ドルに急増した。現代経済研究院は「労働市場の硬直性と高い規制負担などにより企業が韓国を脱出している」と指摘した。

厳しくなった企業環境と政府の政策に対する不信が規制差益取引の魅力をさらに鼓舞する形だ。資本の離脱は成長の滋養分が消えるも同然だ。成長動力を失っていく韓国経済に忍び寄るまた別の試練だ。必要なことは状況を変えようとする努力だ。非難だけで規制差益取引を防ぐことはできない。

ハ・ヒョンオク/金融チーム次長

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기