본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

大韓赤十字社、大韓民国臨時政府時代に使用した太極旗初公開

ⓒ 中央日報日本語版

徐丙浩赤十字理事長が使用した太極旗[写真 大韓赤十字社]

日帝強占期の大韓赤十字社の激しい抗日闘争の痕跡を持つ特別な記録物が29日、公開された。

大韓赤十字社と韓国民族運動史学会は、この日の午後、ソウル中区の赤十字ソウル事務所で「日帝強占期赤十字会と民族運動」学術会議を開き、「臨時政府の大韓赤十字会」が使用したとみられる太極旗を初めて公開した。

この太極旗は臨時政府当時、赤十字会理事長(事務総長)の徐丙浩(ソ・ビョンホ)牧師の子孫が2005年の大韓赤十字社100周年を迎え寄贈したもので、外部に公開されるのは今回が初めて。この太極旗は文化財登録が推進中だ。

今回の学術会議は臨時政府赤十字会設立100周年を迎え設けられたもので、ソウル大学病院のキム・サンテ教授、漢城(ハンソン)大学のチョ・ギュテ教授、水原(スウォン)大学の朴桓(パク・ファン)教授、崇実(スンシル)大学のソン・ジュヒョン研究教授、キム・ヒョンモク独立記念館研究委員などが参加し、閑寂の抗日闘争の歴史に多角的に照明を当てた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기