본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国外交長官「しわだらけの太極旗、あり得ない失敗」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

太極旗

康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は2日、「しわだらけの太極旗」「事務官セクハラ事件」などについて「あり得ないこと」とし、責任を痛感していると述べた。

康長官はこの日、ソウル都染洞(ドリョムドン)庁舎で開かれた国内メディア向けの会見で、最近相次いだ外交上の失敗に関し「(スペインとの)次官会談でしわだらけの太極旗が掲揚されたのは本当にあり得ない失敗だと考える」とし「そのほかの大小の儀典事故についても首脳外交の主務部処として外交部は責任を痛感している」と話した。事後措置状況などについては「事案に軽重があると考え、軽重に基づいて適した対応があるべきだと考える」と語った。

しかし康長官は「一度の失敗は容認されるが、二度の失敗は容認されない」とし「職員にそのような注意、警告をしていて、それで中央アジア訪問では大きな問題なくうまく終えることができた」と明らかにした。

また、部処全般の紀綱弛緩と能力不足を懸念する声があるという指摘には「長官として極めて遺憾で、申し訳なく思う」と繰り返し述べた後、「職員の能力が落ちるとは思わない」と答えた。康長官は「過重な業務により一部の部署では非常に疲労が蓄積している状況」とし「複数の業務を同時に推進し、一つ一つに対して集中的にうまく管理するエネルギーが落ちるようだ」と説明した。

外交部は先月4日、庁舎で行った第1回韓国・スペイン戦略対話にしわだらけの太極旗が置かれて物議をかもすと、その責任を問うて担当課長を補職から解任した。このほか報道資料では「バルト」を「バルカン」と、公式ツイッターでは「チェコ」を「チェコスロバキア」とそれぞれ誤って表記するミスがあった。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기