본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<プレミア12>韓国監督「今後がもっと重要」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

韓国代表の金卿文(キム・ギョンムン)監督(右)

野球の国別対抗戦「プレミア12」に出場している韓国代表の金卿文(キム・ギョンムン)監督(61)が1次ラウンドの3試合を総評した。

韓国代表は8日晩、ソウル高尺(コチョク)スカイドームで行われた2019プレミア12の1次ラウンドC組第3戦でキューバ代表を7-0で破った。6日の豪州戦は5-0、7日のカナダ戦は3-1で勝利し、1次ラウンド全勝でスーパーラウンド進出を決めた。

8日午前に行われた豪州―カナダ戦は豪州が勝ち、先に日本(スーパーラウンド開催地)行きを決めた。1次ラウンドで対戦した国との成績はスーパーラウンドでも適用される。

キューバ戦の先発投手・朴鐘勲(パク・ジョンフン)は2回から4イニング連続で出塁を許した。しかし失点なく終えた。ベンチの投手交代のタイミングと選手の起用も良かった。5回表無死一塁の場面で左腕の車雨燦(チャ・ウチャン)に交代し、アウトカウント2つをつかんだ後、右腕の李映河(イ・ヨンハ)につないでこのイニングを終えた。

打線も援護した。2回に金河成(キム・ハソン)が左中間に2点適時打を放ち、5回には一死一、二塁から朴炳鎬(パク・ビョンホ)と金宰煥(キム・ジェファン)の適時打、梁義智(ヤン・ウィジ)の犠牲フライ、金賢洙(キム・ヒョンス)の幸運の安打で4点を追加した。

試合後、金卿文監督は「ホームでの大会だった。全試合に勝てて気分がいい。ファンが観客席を埋めて選手団も力が出たようだ。さらによく準備していきたい」と話した。以下は金卿文監督の1次ラウンドの総評。

--北京大会から個人12連勝だ。1次ラウンド3連勝の意味は。

「監督は勝てばよい。個人12連勝は大きな意味がない。今後がもっと重要だ。日本とも対戦する。2日間はよく休まなければいけない。うまく準備していきたい」

--文京賛(ムン・ギョンチャン)は登板しなかった。

「直接話はしていないが、文京賛投手がよく理解しているだろう。次の試合に起用する」

--朴炳鎬(パク・ビョンホ)がようやく信頼に応えた。

「韓国野球の自尊心の4番打者が揺れるのが嫌だった。しかし選手自身が準備をよくしていた。本当に努力している。いい打球が出たのでうれしい」

--河載勲(ハ・ジェフン)と高宇錫(コ・ウソク)も登板した。

「シーズン当時と似た投球を見せた」

--スーパーラウンドでは接戦が増えそうだ。

「投手が良ければ打者も打つのが難しい。スーパーラウンドに行けばバントもして作戦も駆使する。長所を生かしたい」

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기