본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文正仁補佐官「米中戦争の可能性…北東アジアの新しい共同体秩序を作らねば」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官

文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は7日、北東アジア情勢について「相対的に停滞する米国と急激に国力が増大した中国の間で戦争が勃発する可能性を排除することはできないという見方がある」とし「北東アジアで統合と協力が制度化した新しい共同体の秩序を作らなければならない」と述べた。 

文特別補佐官はこの日、延世(ヨンセ)大学で開かれた「大韓民国の未来100年展望国際学術フォーラム」で「北東アジアが米中間の新冷戦構図に進み、中国と日本の間の新しい競合構図が生じる可能性がある。韓日中の民族主義が衝突しかねない」と明らかにした。

文特別補佐官は「現代の最大の課題は米中間の対立構図」とし「比較的停滞している覇権国の米国と急激に上昇する中国間の微妙な葛藤や競合関係など(北東アジアの)不安定性が存在する」と述べた。

同時に「今後100年、米中は協力と競争の関係を続ける可能性が高いが、葛藤と対立が続き、それが増幅するかもしれない」と主張した。

文特別補佐官は「中国が北朝鮮・ロシアと北方三角構図を米国が韓国・日本と南方三角構図を構築し、地政学的・地理経済学的衝突があるかもしれない」とし「勢力の均衡が維持され、大きな戦争は起こらないだろうが、韓半島(朝鮮半島)の統一が難しくなることもある」と指摘した。

文特別補佐官は、特に「相対的に停滞する米国と急激に国力が高まった中国の間で戦争が勃発する可能性を排除することはできず、最大の発火点が両岸になったり、第2の韓国戦争(朝鮮戦争)が起こるという見方もある」とし「また、米国が北東アジア地域から去って無政府状態になった場合、日中間の勢力競いが生じ、新しい競合構図が生まれる可能性がある」と分析した。

特に民族主義的葛藤を挙げ、「米国が去った状態で歴史が清算されず、日本が憲法改正して普通国家としての歩みを強化し続け、中国は中国で中華民族主義に基づき中国の国力を育て、韓国もその状況で統一されて強い民族主義を持っていれば、民族主義の衝突の可能性もある」と予測した。

続けて「トランプ米大統領が『米国ファースト主義』に基づいて『世界の警察にはなれない』と言って日本を代理人に立て、北東アジアを離れた場合、日中間の勢力争いが生じ、新たな競合の構図が生じて韓国にとって困難な状況が展開される可能性がある」と述べた。

文特別補佐官は「米国や中国と共に進む可能性もあり、米中間の波を賢く避けることもできるが、最終的には私たちが自ら努力して北東アジアの新しい協力と統合の秩序を作らなければならない」と強調した。

文特別補佐官は「世界の文明の中心となって、平和・繁栄の新しい韓半島と北東アジアを作成するには、新しい共同体に向けて私たち皆の努力がなければならない」とし「今後100年の歴史は強大国が作るのではなく私たちが作るもの」と強調した。

文特別補佐官は「多くの方が『韓半島中心の外交はたわ言」と言うが、私はそうは思わない」とし「内部の団結により『未来のどんな方向に進まなければならない』という総意があれば、いくらでも未来を作ることができる」と付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기