본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

朝日新聞、社説で韓日首脳会談の早期開催を要求

ⓒ 中央日報日本語版
朝日新聞が25日の社説で、安倍首相と文在寅(ムン・ジェイン)大統領の韓日首脳会談を促した。

朝日新聞は25日、「日韓首相会談 放置しない、行動こそ」と題した社説で、今回の李洛淵(イ・ナギョン)首相と安倍首相の会談について「日本と韓国の冷え切った関係をこのまま放置できない」とし「その危機感を両首相は認めあった」と評価した。

続いて「貿易、観光、市民交流など広範に悪影響がでている今に至るまで、事態をこじらせた両政権の責任は重い」とし「互いに相手の譲歩を待つだけなら、放置と同じことだと悟るべきだろう」と批判した。

同紙は問題の核心について「元徴用工への補償」とし「そこから目を背けたままでは本質的な関係改善は望めない」と指摘した。

続いて「来月初めには、タイで日韓両首脳の出席が予定される国際会議がある」とし「安倍氏と文氏は早急に直接向きあい、両国民の利益を探る理性を見せてもらいたい」と促した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기