본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:青瓦台政策室長「ホワイトリスト排除に遺憾…原因解決せずには結果を覆せない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

金鉉宗青瓦台国家安保室第2次長が28日、青瓦台で日本のホワイトリスト排除措置の施行に対する立場を明らかにしている。[ホ・ムンチャン記者]

「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA・ジーソミア)終了」という攻め手にも日本政府が韓国をホワイトリスト(輸出手続き簡素化国)からついに除外したことを受け、青瓦台(チョンワデ、大統領府)参謀は先を争って公開的に強い遺憾を示した。

金鉉宗(キム・ヒョンジョン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室第2次長は28日、ブリーフィングで「当初安保問題と輸出規制措置を結び付けた張本人は日本だという点をもう一度指摘したい」と明らかにした。日本がGSOMIA終了い関連して韓国が輸出規制措置を安保問題に結び付けたという主張に対する反論だ。金次長は韓日両国葛藤の責任が全面的に日本にあるという点を再度強調した。彼は「安倍晋三首相は韓国を信頼できない国だと2度も言及し、敵対国の取り扱いをしている」とし、「基本的な信頼関係が毀損された状況でGSOMIAを維持する名分はない」と指摘した。

金尚祖(キム・サンジョ)青瓦台政策室長もこの日、国会議員会館で開かれた日本輸出規制対応党・政・青会議で「安倍首相は『歴史は書き直すことはできない』と言っている」として「自身に言うべきことを韓国政府を非難する表現として使っている」と批判した。ただし「韓国政府は日本の二律背反的な態度に対して外交的努力を注いでいる」として「ボールは日本に渡された」という点を強調した。青瓦台核心関係者もこの日、記者会見で「何でも原因が解決されていないのに結果だけを覆すことはできないだろう」と強調した。

GSOMIA終了決定により米行政府の所々で提起されている安保空白への懸念の声に対しては断固として一線を画した。高ミン廷(コ・ミンジョン)青瓦台報道官はGSOMIA終了以降、鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長がジョン・ボルトン米国家安保補佐官と電話会談で連携案を議論したと明らかにした。ボルトン補佐官が強い遺憾を示したという一部の主張に対しては「事実でない」と反論した。

金次長は韓米同盟にヒビが入っているという一部の指摘に「それは間違った主張」とし「むしろ韓国政府はGSOMIAの終了を契機に韓米同盟を一段階アップグレードするだろう」と話した。GSOMIA終了宣言以降、米国から失望と懸念の声が出ていることに関しては「米国はGSOMIAの維持を希望してきたため、韓国の措置に失望を示すのは理解できる」と説明した。

青瓦台はGSOMIAの終了が在韓米軍に脅威になるという米国内反発には「同意できない」という立場だ。防衛費分担金交渉で米国の圧力がさらに強まるだろうという懸念の声には「GSOMIAと駐留費用は関係がない」と一線を画した。ただし、青瓦台関係者は「光復節祝辞で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が言及したように、日本は韓国が差し伸べた手を握ることを期待している」として交渉の余地を残した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기