본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

サムスン電子、今年4-6月期の世界テレビシェア1位

ⓒ 中央日報日本語版

サムスン電子の2019年型「QLED8Kテレビ」[写真 サムスン電子]

サムスン電子が世界のテレビシェア1位を占めた。

21日、市場調査会社IHSマーケットによると、サムスン電子は4-6月期に世界のテレビ市場で31.5%(金額基準)のシェアで1位を占めた。1-3月期(29.4%)に比べシェアが2.1%ポイント上昇した。2位はLGエレクトロニクス(16.5%)が占め、ソニー(8.8%)、TCL(6.3%)、ハイセンス(6.2%)の順だった。

サムスン電子の世界テレビ市場での高いシェア率の要因は「プレミアム戦略」の成功とみられる。サムスン電子は今年4-6月期に75インチ以上の大型、2500ドル(約27万円)以上の高額テレビ市場で、それぞれ53.9%と53.8%のシェア(金額基準)を占めた。プレミアム市場でサムスンを追いかけるソニーのシェアはそれぞれ19.0%と24.5%に留まり、LGエレクトロニクスはそれぞれ16.2%と17.8%のシェアで3位を記録した。

数量基準でも、サムスン電子は19.4%のシェアで4-6月期1位を記録し、LGエレクトロニクス(12.4%)、TCL(9.4%)、ハイセンス(7.3%)、シャオミ(5.5%)などをすべて抜いた。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기