본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

ムクゲモナミ・太極旗CASS…愛国心マーケティング熱風が吹く

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

今月11日にはモナミのプレミアムボールペン「153ムグンファ」も発売される予定だ。[写真 11番街]

5日、ソウル登村洞(トゥンチョンドン)のホームプラス江西(カンソ)店でモデルが「CASS太極旗パッケージ」を紹介している。[写真 ホームプラス]

韓国流通業界に「愛国心マーケティング」の熱気が激しく吹いている。日本のホワイトリスト(輸出手続き簡素化優遇国)排除決定で、日本製品の不買運動が拡散する中で光復節(解放記念日)を控えて業界は新商品の発売と行事準備に積極的だ。

オンラインショッピングモール「11番街」は8月15日の光復節を迎えて発売される文具品メーカー「モナミ」の「FX153光復節パッケージ」の予約販売に入る。光復節74周年を迎えて歴史を記憶しようとの趣旨で製作されたこのボールペンは透明なボディーの中に太極紋、乾坤坎離(四卦)、ムクゲのイメージがデザインされている。パッケージにも太極模様が描かれていて価格は6000ウォン(約520円)だ。5日から11番街やモナミモールなどで3万5000セット限定予約販売を始め、8日から順次発送される。また、今月11日にはモナミのプレミアムボールペン「153ムグンファ」(ムグンファはムクゲの韓国語)も発売される予定だ。

11番街が光復節マーケティングに積極的に出るのは、最近日本製品の不買運動の拡散で日本産ボールペンに代わるモナミボールペンのような国産製品に関心が集まっているからだ。

実際、11番街内の日本ボールペン「ジェットストリーム」の検索回数は6月4668回から7月3499回で25%減少した。反面、国産モナミの検索回数は6月1847回から7月8755回で347%(4.7倍)急増した。

大手スーパー「ホームプラス」は光復節を迎えてOBビールとコラボレーションした「CASS太極旗異色パッケージ」を単独限定販売する。CASS缶ビール12本を、青色を基調とした太極旗の乾坤坎離バッグに入れて販売する。今回のパッケージは光復節を控えて国産ビールの販売奨励のための愛国マーケティングを目的として用意された。

ホームプラス茶・酒類チームのキム・ヒョンヨル・バイヤーは「全国民と共に光復節の歴史的意味を再確認しようと、今回の異色パッケージを企画した」とし「12パック専用パッケージとして製作されたので、夏休みシーズンの大容量購入客にも役立つだけでなく、光復節を記念する次元でも意味を持つ」と説明した。

日本SPA(製造・流通一括型)ブランドであるユニクロの代替商品として注目されている新星通商の「TOPTEN10」は光復節記念ティーシャツを発売する。イーランドワールドもSPAブランド「SPAO」が国内ブランドである点を前面に出して韓国産キャラクター「ロボットテコンV」とコラボレーションした新製品を発表した。

コンビニエンスストア業界も愛国心マーケティング熱風真っ只中だ。コンビニエンスストア「GS25」を運営するGSリテールは8月の1カ月間、太極旗の歴史PRと独島(トクド、日本名・竹島)領有権強化のための「独島愛キャンペーン」に入った。

emart(イーマート)24は光復節の意味を再確認できるようにと、まもなく公開される映画『鳳梧洞(ポンオドン)戦闘』(原題)とコラボレーションしたフレッシュフード3種を発売した。同映画からモチーフを得た「飯盒むかし弁当」、「プルタッ爆弾おにぎり」「戦闘バーガー」などだ。この製品は今月21日までの限定販売となっている。

このように流通業界が光復節を控えて愛国マーケティングに総力を挙げるのは、日本製品の代わりに国産代替材の使用を奨励する社会の雰囲気の中で「国産」というブランドイメージを強調して反射利益効果を狙っているという分析だ。

檀国(タングク)大学経営学部のチョン・ヨンスン教授は「愛国心を利用したマーケティングは理論でも実在する」としながら「今の韓国と日本の緊張状態が光復節を控えて効果がさらに大きいという企業の判断で一層顕著になっている現象」と説明した。

淑明(スンミョン)女子大学経営学部のソ・ヨング教授は「日本との状況に我々が一喜一憂する必要はない」としながら「行き過ぎた愛国心マーケティングは商法とみなされて反感が大きくなる可能性がある。現在の利益を最大化するよりは、次世代まで考える長期的な目から見たマーケティングが必要な時点」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

1/2

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기